リアルタイムサービス(11月29日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は115円安の23293円で終了。昨夜の米国市場は感謝祭の祝日で休場、手掛かり材料不足や週末と言う事も意識され、今日の日本市場はポジション解消売りが優勢の展開で日経平均もじり安の展開に。

寄り付き直後こそ小高く推移しプラス圏をキープしていましたが、中国株や香港ハンセン指数の下落を受けて日経平均も次第に下げ幅を広げて終ると言う展開に。

「香港人権・民主主義法案」の成立を受けて始めは開く米株式市場ですので、今夜の米国市場の反応を見極めたいと言うムードが今日の日本市場を支配しました。

しかしながら中国からは反発するコメントは出て来ましたが、その後は特に動きは無く、今夜の米国市場にも悲観的な動きは無いのではないかと思います。

これまでにも繰り返し述べてきましたが、中国としては現在進行している米中協議の部分合意が最優先、人権問題と、経済問題は別との判断が働くと思います。

万が一、米中協議が中断すると言う事になれば、一時的には株式市場も急落しますが、しかし先を見据えれば再び協議が再開されるのは確実です。

万が一、急落するような展開が有れば安値買いのチャンスです、下げても数日我慢をすれば再び上昇に転じますので、仮に万が一の展開になったとしても弱気になる事は有りません。

万が一の展開になる可能性は限りなくゼロに近いとは思いますが、仮に有ったとしても先を見据えれば安値買いのチャンス、そう考えれば過度に心配する必要も有りません。

今夜の米国はクリスマス商戦のスタートとされるブラック・フライデーです、週明けにはネット商戦のスタートになるサイバー・マンデーも有ります。

現在米個人消費は好調ですので、クリスマス商戦も好調なスタートが期待出来ます。

米中情勢への警戒よりも、クリスマス商戦への期待が勝ると思いますので、今夜の米国株動向も堅調な展開が期待出来ると思います。

これまで米中貿易戦争が続き、対中制裁関税を発動して来た米国ですが、その間も米経済の堅調は変らず、中国経済減速による悪影響も米経済には余り出ていません。

そう言う意味では米国株にとって、「香港人権・民主主義法案」の成立も売り材料になると言う発想はないと思います。

逆に強い米国の姿勢を好感して買い材料になると思います、本日の日本市場は今夜の米国株動向を警戒して日経平均も下落して終りましたが、心配も杞憂に終ると言う事になると思います。

日経平均に関しては上値の重さは有るものの下値も底堅く、テクニカル面でも25日移動平均線を上回り上昇トレンドは継続中です。

今日は保有銘柄の6862ミナトHDが378円で終わり推奨時利食い目処とした380円接近を達成しましたので利食い完了と致します。

その他の保有銘柄に関しては来週も引き続き保有継続で上昇を待ちたいと思います、次の新規の買い出動に関しては、買いを急ぐ必要は無く、じっくりと安値を見極めながら順次買い推奨を進めて行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る