出島テクニカルワールド(11月27日推奨銘柄 )

1127s

↑(週足)

 

 

 

1127h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/27(水)日経平均株価は△64円の23437円で終了。引き続き米中貿易協議の進展期待が買い安心感となり日経平均は4日続伸。朝方の買い一巡後は手掛かり材料不足ムードが強まり膠着感の強い展開になりましたが、引き続き強含みの展開に変わりは有りません。もう暫くは米中情勢に関する報道に一喜一憂する展開が続きそうですが、引き続き好業績、割安銘柄やテーマ性を持つ中小型銘柄などを中心に銘柄重視で対応して行く投資スタンスなら特に神経質になる必要はないと思います。上値の重さは有るものの、個別物色意欲は旺盛な相場、引き続き全体よりも個を重視、銘柄重視で対応して行く投資環境です。
【銘柄情報】【本日終値424円】

(JQ)キタック(4707)  サービス  100株
同社は新潟地盤の中堅建設コンサルタントで、地質調査、土木設計が中心で官公需の依存大。防災などを重点に取り組んでおり、国土強靭化関連としても有望、台風19号で堤防が決壊した千曲川の関連工事コンサルを中心に受注獲得が見込まれています。足元業績も好調に推移し、8/23に発表された第3四半期決算では既に通期見通しを超過しており上方修正は濃厚と言う状況。同社1株純資産は448円で1株利益も第3四半期で既に35円、テクニカル面でも緩やかな上昇トレンドが継続しており、現在10兆円規模の補正予算が論じられており、防災分野への予算も数兆円規模が予想されます。来期以降も収益拡大が期待出来る事業環境で、PER・PBR面でも割安感が有ります、押し目買い狙いで対応し、上昇を待ちたいと思います。同社株もじり高基調が続き11/25には447円まで上げ幅を拡大、その後一旦調整局面を迎えていますが、調整完了後は再度上昇に転じる可能性が大。当面の下値支持帯は400円~380円のゾーンになりますので、まずは400円台で1回目の買いを狙い、仮に380円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面は450円付近が上値目処になりますので利食い目処は450円接近時、但し360円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、国土強靭化関連
【第1買いポイント】  400円台
【第2買いポイント】  380円台
【売り値目標】  450円接近
【損切り設定】 360円を切れば損切り

 

新潟地盤の中堅建設コンサルタント。地質調査、土木設計が中心。官公需の依存大。建設コンサルは新潟県発注工事が伸び悩み。防・減災とインフラ老朽対策が増加だが、下期完工は減速。土砂災害対策や環境保全等に力点。GISと数値解析を融合した新開発の防災シミュレーション活用し営業展開。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/20
1部
6937
古河電池
11/27終値794円、本日高値798円、推奨時利食い目処とした800円接近を達成し利食い完了。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る