出島テクニカルワールド(10月21日推奨銘柄 )

1021s

↑(週足)

 

 

 

1021h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
10/21(月)日経平均株価は△56円の22548円で終了。明日の日本市場は祝日で休場、今日は連休の谷間で積極的な売買は無く、ポジション調整中心の展開ながら日経平均は小幅高に。先週末のNYダウの下落も悪材料が出たボーイングとJ&Jの2銘柄でNYダウを220ドル押し下げており、これを除けば全体的には底堅い展開。米中情勢や英国のブレグジットには引き続き不透明感が残るものの、物色意欲は旺盛な相場状況です。好業績出遅れ銘柄やテーマ性を持つ中小型銘柄などに関しては日経平均の過熱感や海外情勢ももさほど影響は有りません。引き続き全体よりも個を重視、銘柄重視のスタンスなら特に問題は無いと思います。
【銘柄情報】【本日終値294円】

(東2)技研HD(1443)  建設  100株
9/25推奨時には安値無く買えませんでしたが再度押し目買いを狙いたいと思います。同社は道路法面保護と放射線防護工事が主力、電磁波シールド工事、法面保護共に好調で2019年3月期業績は売上高は減少したものの利益面では大幅増益で着地、2020年3月期見通しも増収増益、1株利益は33円、同社1株純資産は464円と現株価水準には割安感も有ります。同社は放射線防護工事や電磁波シールド工事を手掛けており、電磁パルス攻撃防御関連銘柄になると共に同社が手掛けている道路法面保護工事は自然災害を防ぐと言う意味では国土強靭化に通じ、国土強靭化関連銘柄としての一面も持ちます。簡潔に言えば北朝鮮リスクの高まりや大雨などによる自然災害が起きると物色が強まり易い特徴が有ります。好業績割安感や国土強靭化関連としてのテーマ性を背景に同社株も見直し買いが続き、テクニカル面でも9月以降は上昇トレンドが継続中、押し目買い狙いで対応したい銘柄です。当面の下値支持帯は280円~260円のゾーンになりますので、まずは280円台で1回目の買いを狙い、仮に一時的な下振れが有れば260円台で買い増しを実行したいと思います。当面の上値目処は350円付近になりますので利食い目処は350円接近時、但し240円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 割安、国土強靭化関連
【第1買いポイント】  280円台
【第2買いポイント】  260円台
【売り値目標】  350円接近
【損切り設定】 240円を切れば損切り

 

純粋持株会社。技研興業が株式移転し発足。法面保護、放射線防護工事が主力。M&Aに積極的。医療施設向け主体の放射線防護、電磁波シールドは競合増え依然競争激しい。消波ブロックは東北で震災特需一巡。ただ、同型枠賃貸堅調。法面保護は選別受注継続し利益率好転。営業益好伸続く。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
09/19
ジャスダック
7567
栄電子
10/21終値511円、推奨時利食い目処とした510円に到達し利食い完了
09/18
2部
3161
アゼアス
10/21終値542円、推奨から1ヶ月が経過、この先550円を超えれば売却してポジションを解消したいと思います。仮に500円を切った場合はリスク管理上損切り実行。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2022年8月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る