出島テクニカルワールド(10月17日推奨銘柄 )

1017s

↑(週足)

 

 

 

1017h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
10/17(木)日経平均株価は▼21円の22451円で終了。昨夜の米国市場が9月小売り売上高が予想を下回った事で小幅に反落、米中通商協議の部分合意に関して中国高官から異議を唱える報道が有った事も売り材料に。本日の日経平均は前日終値を挟んでの上下動の後小幅安で終了、日経平均は直近1000円ほど上昇しており、一旦上昇基調も一服となるのは妥当な展開。米中情勢や英国のブレグジットには引き続き不透明感が残るものの、物色意欲は旺盛な相場状況です。好業績出遅れ銘柄やテーマ性を持つ中小型銘柄などに関しては日経平均の過熱感もさほど影響は有りません。引き続き全体よりも個を重視、銘柄重視のスタンスなら特に問題は無いと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値254円】

(東2)東京衡機(7719)  精密機器  100株
同社は材料試験機等の専門メーカーからエンジニアリング事業に展開し、家電、自動車部品なども手掛けています。社会インフラ向けに特許を持つ、ゆるみ止め製品(ナット・スプリング)の売上好調に加えてエンジニアリング事業も大きく伸びた事で10/15大引け後に発表された中間決算は大幅な増益に。同社株価も足元の好業績を好感する展開で昨日は大幅高になり本日も一時305円まで上昇。買い一巡後は目先の利食いに押されて上げ幅を縮小して終りましたが、株価水準は大局底値圏に有り、目先の調整が一巡した後は再度上昇に転じる可能性が大、2回に分けて買い下がりを想定した上で明日以降押し目買いを狙いたい銘柄となります。テクニカル的な下値支持帯は240円~220円のゾーンになりますのでまずは240円台で1回目の買いを狙い、仮に220円台が有れば買い増しを実行したいと思います。当面は300円付近が上値目処になりますので利食い目処は300円接近時、但し200円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。日経平均に短期過熱感が有り、米中情勢の不透明感や英国のブレグジット、国内主要企業の決算発表本格化などを考えると既に好決算を発表している内需系の中小型株には買い安心感が有ります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好決算発表銘柄
【第1買いポイント】  240円台
【第2買いポイント】  220円台
【売り値目標】  300円接近
【損切り設定】 200円を切れば損切り

 

材料試験機等試験機の専門メーカーから、エンジニアリング事業に展開。中国で住生活関連事業。試験機は国内受注堅調でも、前期の大型案件剥落響く。エンジニアリング事業の海外向け雑貨の扱い数量増あるが、利幅薄い。緩み止めナットは災害、施設老朽化対策などインフラ関連需要に狙い。国内商社向け輸出雑貨仲介事業が軌道化。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
10/09
2部
2354
YE DIGITAL
10/17終値471円、推奨時利食い目処とした470円に到達し利食い完了
09/17
ジャスダック
4814
ネクストウェア
10/17終値237円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で対応したいと思います。利食い目処は260円前後に変更、損切り価格は200円割れに変わりは有りません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ページ上部へ戻る