出島テクニカルワールド(9月9日推奨銘柄 )

0909s

↑(週足)

 

 

 

0909h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
9/9(月)日経平均株価は△118円の21318円で終了。注目された米8月雇用統計は強過ぎず弱過ぎずと言う結果で、FRBの連続利下げを正当化する内容との見方が多数派、欧州や香港の政治リスクが一旦和らいだ事や米中貿易協議への期待も安心感に。来週にかけて、日米欧で金融政策決定会合が有り、一段の金融緩和政策が発動される見通しも株式市場には追い風。しかし欧州政治や香港情勢、米中貿易協議など依然先行き不透明である事に変わりは無く、引き続き全体よりも個を重視、そのような発想で対応して行く投資環境です。今週末はメジャーSQです、SQ絡みの売買で上下共に振れ易い局面になりますので、多少の乱高下は想定した上で対応して行く方が良いと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値393円】

(MZ)ディー・ディー・エス(3782)  通信  100株
8/16にも買い推奨をして既に利食い済みの同社株ですが、テクニカル判断においては依然上昇トレンドは継続中、再度押し目買いを狙いたいと思います。同社は、PC及び携帯電話用の指紋認証システムなど、生体認証テクノロジーを活用した情報技術関連製品を手掛け、画像認識技術やIT向けの独自製品も手掛けています。加えて通信事業者やインターネット事業者に対して、既存のIDサーバーをFIDO(パスワードレス認証の標準化技術)化すると言うFIDO認証基盤のパッケージを使った構築サービスの提供もしています。簡潔に言えば、本人確認や電子決済を円滑に進める為の技術を提供している企業です。10/1からの消費税増税を受けてキャッシュレスサービスの利用拡大が予想されますが、同時にセキュリティ対策への関心も高まり、同社株にも注目が集まると思います。8/9に発表された今期の中間決算では、売上高は89%増加、営業利益も前年同期比で黒字に転換、2019年12月期の業績見通しは大幅増収増益となっています。テクニカル面でも、長く続いた下降トレンドは終了の兆しが有り、長期トレンドでは底入れ完了と言うチャート形状です。短期的にも次は430円付近を目指す動きが想定されますので、押し目買い狙いで対応したい銘柄です。まずは380円台で1回目の買いを狙い、仮に安値が有れば360円台で買い増しを狙いたいと思います。当面は430円付近が上値目処になりますので利食い目処は430円接近時、但し8/6安値の323円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 サイバーセキュリティ関連
【第1買いポイント】  380円台
【第2買いポイント】  360円台
【売り値目標】  430円接近
【損切り設定】 323円を切れば損切り

 

指紋など生体認証ソフト・装置開発。FIDO(パスワードレス認証標準化技術)の普及推進。柱の生体認証ソフトは7月以降官公庁や自動車メーカー等への採用拡大見込む。指紋認証アルゴリズムは年末商戦前にも中国スマホメーカー等への出荷開始。営業益伸長。固定資産譲渡特益。初配も。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/30
1部
7211
三菱自動車工業
9/9終値464円、カラ売り推奨、推奨時待ち伏せ価格とした480円には未だ届かず、10月までは米中貿易協議への期待が継続しそうな感じですので、カラ売り推奨は一旦取り消したいと思います。
08/29
1部
6448
ブラザー工業
9/9終値1878円、カラ売り推奨、推奨時待ち伏せ価格とした1900円には未だ届かず、10月までは米中貿易協議への期待が継続しそうな感じですので、カラ売り推奨は一旦取り消したいと思います。
08/27
1部
7202
いすゞ自動車
9/9終値1161円、カラ売り推奨、推奨時待ち伏せ価格とした1200円には未だ届かず、10月までは米中貿易協議への期待が継続しそうな感じですので、カラ売り推奨は一旦取り消したいと思います。
08/08
1部
6506
安川電機
9/9終値3850円、カラ売り推奨、推奨時損切り設定価格とした3800円を超えましたのでリスク管理上損切り実行。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る