出島テクニカルワールド(8月15日推奨銘柄 )

0815s

↑(週足)

 

 

 

0815h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/15(木)日経平均株価は▼249円高の20406円で終了。昨夜の米国株が大きく下落、米長短金利が逆転し景気減速懸念が高まり、ドイツの4-6月GDP速報値がマイナスとなり、中国の7月工業生産も10年半ぶりの低水準になった事も世界景気減速懸念を強める結果に。しかし米国株が大きく下げ割には本日の日経平均の下げ幅は限定的、円高も進まず、昨夜の米長短金利の逆転もAI取引やアルゴリズム取引の影響で一時的との見方が大勢。今は国内はお盆休みで海外も夏休み、市場参加者が減少しており、投機筋や短期筋の売買で多少上下に振れ易い状況、日々出て来る材料次第で上下に振れ易い相場に特に変わりは有りません。引き続き銘柄重視の対応で、上に振れればカラ売り狙い、下に振れれば押し目買い狙い、そして早めの利食いに徹すると言う対応が最善だと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値656円】

(東1)丸 紅(8002)  卸売業  100株
同社は総合商社大手の一角で、穀物、発電では商社首位、プラント、輸送機、農業化学品に強みを持ち、パルプ、原油、金属なども手掛けています。8/2に発表した今期の第1四半期決算は減収減益となったものの、通期増益見通しには変更なし。今期予想1株利益は138円で同社1株純資産は998円、35円配当予想で配当利回りも5%を超えています。米中貿易摩擦の激化で先行き不透明感が漂う世界経済ですが、現在の株価水準には割安感が有ります。テクニカル面では大局的には下降トレンドが続いている状況ですが、直近8月以降は下げ基調の展開が続いており、短期的にはリバウンド狙いの買いを狙うのも一考です。PERやPBRから考えれば下値不安も限定的、突っ込み買い狙いにも安心感が持てる銘柄です。当面の下値支持帯は620円~600円のゾーンになりますので、まずは620円台で買いを狙い、仮に600円接近が有れば買い増しを実行したいと思います。下振れなく買えなかった場合は又次の機会を待ちたいと思います。当面は690円付近が上値目処になりますので利食い目処は690円接近時、但し580円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 割安銘柄のリバウンド狙い
【第1買いポイント】  620円台
【第2買いポイント】  600円台
【売り値目標】  690円接近
【損切り設定】 580円を切れば損切り

 

芙蓉グループの総合商社大手。穀物、発電で商社首位。プラントや輸送機、農業化学品に強み。パルプや原油は市況高一服し減速。電力もIPP事業が軟調。ただ、金属の市況高が牽引。米中貿易摩擦の影響で前期軟調だったアグリも復調見込む。北米穀物輸出事業や発電事業での減損ない。増配。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
07/22
2部
2405
FUJIKOH
8/15終値440円、推奨時損切り設定価格450円を切りましたのでリスク管理上損切り実行。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る