出島テクニカルワールド(8月13日推奨銘柄 )

0813s

↑(週足)

 

 

 

0813h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/13(火)日経平均株価は▼229円高の20455円で終了。昨夜の米国株が大きく下落して円高が進行、米中貿易協議の行き詰まりや香港情勢の混乱も売り材料に。今週は国内勢はお盆休みで海外勢は夏休み、市場参加者も少なく、投機筋や短期筋の売買動向次第では株価も上下に振れ易い局面。当面は米中情勢と円相場次第と言う相場状況に大きな変化は有りませんが、全体よりも個を重視と言うスタンスなら特に問題は無いと思います。引き続き銘柄重視の対応で、上に振れればカラ売り狙い、下に振れれば押し目買い狙い、そして早めの利食いに徹すると言う対応が最善だと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値253円】

(東1)サニックス(4651)  サービス  100株
国内勢はお盆休みで海外勢は夏休み、今週は市場参加者が減少する上に、米中対立の激化や円高懸念など一段と様子見ムードが強まり易い相場状況です。端的に言えば物色され易い銘柄も限られ、手を広げるのではなく、同じ銘柄の上げ下げを利用して利益を狙うと言う投資が最善だと思います。同社株は7/9に買い推奨をして8/9に利食い完了となった銘柄ですが再度安値が有れば押し目買いで臨みたい銘柄です。同社は太陽光発電設備工事やシロアリ駆除、廃プラ処理や売電などを手掛けています。中でも同社は廃プラの回収、燃料化から発電まで、一気通貫で行う「資源循環型発電事業」を手掛けており、世界的な廃プラ全廃の流れは同社にとって大きな追い風となります。廃プラ回収で利益を上げ、回収した廃プラを加工して燃料化し、発電原料として更に収益を上げる、廃プラを資源として再活用する動きは今後世界中で広がりを見せて来ると思います。足元の業績も好調、8/8引け後に発表した今期の第1四半期決算は大幅増益で着地し通期見通しも大幅な増益見通し。テクニカル面でも25・75・200日移動平均線全てを上回り押し目買い有利のチャート形状です。まずは240円台で1回目の買いを狙い、仮にもう一段の安値が有れば220円台で買い増しを実行したいと思います。当面は280円付近が上値目処になりますので利食い目処は280円接近時、但し8/6安値の208円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、内需関連
【第1買いポイント】  240円台
【第2買いポイント】  220円台
【売り値目標】  280円接近
【損切り設定】 208円を切れば損切り

 

太陽光発電設備工事の大手。シロアリ防除で創業。廃プラ処理や売電に加え新電力事業に進出。太陽光発電が下げ止まらず。ただ主軸となったシロアリ防除続伸。苫小牧発電所の再稼働が利益貢献大。人件費増乗り越え営業利益大幅増。中期経営計画策定。22年3月期の売上594億円、営業利益23億円目標。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/07
1部
6301
小松製作所
8/13終値2292円、カラ売りで推奨、待ち伏せ価格への上昇が一旦後退しましたのでカラ売り推奨は一旦取り消します。今後の値動きを見て改めてカラ売り推奨を検討します。
08/06
1部
8601
大和証券G本社
8/13終値428円、カラ売りで推奨、待ち伏せ価格への上昇が一旦後退しましたのでカラ売り推奨は一旦取り消します。今後の値動きを見て改めてカラ売り推奨を検討します。
07/10
1部
7888
三光合成
8/13終値341円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で上昇を待ちたいと思います。但し310円を切ればリスク管理上損切り実行、370円前後への上昇が有れば利食い実行。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る