リアルタイムサービス(7月31日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は211円安の21497円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落。米FOMCの結果発表を控えて様子見ムードが強まる中で、トランプ発言を受けて米中貿易協議への不透明感が高まり株式市場も売りが優勢に。

トランプ大統領が「中国は貿易交渉を引き延ばそうとしている」とツイッターに投稿、昨日から閣僚級の米中貿易協議が始まっているだけに、警戒ムードが強まる展開に。

米FOMCの結果待ちの状況では有りますが、大方の予想は0,25%の利下げが実行されるとの見方が根強く、結果発表後の材料出尽くしの動きを警戒するムードも有ります。

本日の日本市場も、昨夜の米国株の下落、米中貿易協議への警戒、加えて北朝鮮が連日ミサイルを発射している事も嫌気され本日の日経平均は大きく下落。

昨日は上昇したものの上値が重かった事、日銀金融政策決定会合も現状維持で通過し、米利下げ決定後の材料出尽くしの動きを警戒する先回りの売りも出ている感じです。

ざっくりと言えば買い手掛かり材料に乏しく、直近上昇していますのでポジション解消売りは出易い、その様な状況ですので、米FOMCの結果発表を控えて、一旦売りが強まる展開も致し方有りません。

しかし日経平均に関しては21800円~22000円のゾーンは上値は重くなると言う事は想定内の事です。

懸念材料が山積している海外情勢を考えれば日経平均21800円~22000円のゾーンを突破するには大きな状況変化、又は新たな好材料の出現が不可欠です。

しかしながら世界的な金融緩和を背景に株式市場の下値も底堅く、当面はボックス相場的な値動きが続く事になると思います。

株式市場を取り巻く状況から考えて、ただでさえ膠着感が強まり易い状況の中で、今は時期的にも夏枯れ相場になり易い時期。

日々の出来高や売買代金は低調で、海外投資家の多くも夏休みを迎える時期で、市場参加者の減少も一段と夏枯れの様相を強める要因です。

ざっくりと言えば日々の出来高や売買代金が少なく個々の銘柄の値動きも膠着し易い局面ですので、今は積極的に売買を繰り返すような環境では有りません。

好業績で割安、加えてテーマ性を持つような銘柄に関しては安値が有れば先を見据えて買う事には問題は有りません。

しかし特段の安値でもなければ無理に買う必要は無く、無用に保有銘柄数を増やす必要はないと思います。

新たな銘柄を買う前にまずは現在保有している銘柄の結果を待つ、保有銘柄を利食い出来たら次の銘柄を買う、暫くはこのような発想で良いと思います。

投資スタンスとしては銘柄重視で個を重視と言う考えに変りは有りません、売買代金が低調な状況においては、中小型株有利と言う環境に変わりは有りません。

後場の対応も保有銘柄の値動きを見守るだけで良いと思います、今日は日経平均は大きく下げていますが、中小型株は大半が小動き。

日経平均の値動きは余り気にせず、全体よりも個を重視して引き続き対応して行けば特に問題は無いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2022年11月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る