出島テクニカルワールド(6月19日推奨銘柄 )

0619s

↑(週足)

 

 

 

0619h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/19(水)日経平均株価は△361円の21333円で終了。トランプ大統領が習近平国家主席と電話会談を行い、月末の大阪G20首脳会議で米中首脳会談を行う事が決定。貿易協議で合意が出来るかどうかはまだわかりませんが、米中首脳会談の開催が決まり、株式市場も一先ず好感する展開で本日の日経平均も大きく上昇。停滞していた米中協議に再開の動きが出た事で月末のG20に向けて期待先行の展開が期待出来そうです。一旦カラ売りポジションは解除し、暫くは買戻しが続くと言う想定での対応が良いと思います。但し、首脳会談は行っても貿易協議で合意するかどうかはわかりません、その点に関しては警戒をしながら投資スタンスは買い、月末まではその様な対応がベターと言う感じです。

 

 
【銘柄情報】【本日終値381円】

(東1)フジクラ(5803)  非鉄金属  100株
同社は電線御三家とされる非鉄大手でフレキシブルプリント基板(FPC)では世界トップクラス。エネルギー、情報通信、エレクトロニクス、自動車電装などに関連する製品を手掛け、5Gの普及拡大には光ファイバー網の更新も不可欠で有る事を考えれば同社も5G関連銘柄。切断・溶接用途の高出力ファイバーレーザーの出荷が始まり新たな収益源に育成方針、医療分野の開拓にも積極的、業績も2020年3月期には増益に転じる見通し、1株利益は42円見通し、同社1株純資産は760円、昨年1月の高値1184円から下落基調が続き大きく売り込まれている状況ですので、米中首脳会談開催が決まり、同社株にも一旦買い戻しの動きが強まりそうです。テクニカル面でも今日の上昇で25日移動平均線を上回りもう一段の上昇が期待出来るチャート形状です。テクニカル的には360円付近が目先の下値支持帯になりますが、370円台、360円台買い下がりスタンスで押し目買いを狙いたいと思います。当面は430円付近が上値目処になりますので利食い目処は430円接近時、但し6/3安値の343円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。同社は国内電線大手3社の中では、中国での光ファイバー関連の利益構成比が大きく、米中首脳会談開催が決まった事は一旦買い戻しに繋がる要因だと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】リバウンド狙い
【ポイント】 業績回復、25日線突破
【第1買いポイント】  370円台
【第2買いポイント】  360円台
【売り値目標】  430円接近
【損切り設定】 343円を切れば損切り

 

電線御三家の一角。独立系。フレキシブルプリント基板(FPC)で世界有数。不動産収益厚い。光ファイバーが競争激化で低調、スマホ向けFPCの回復も鈍い。ただ、ワイヤハーネスは東欧製造拠点縮小、モロッコへの生産移管で採算改善。バングラデシュ海外送電線工事損失も消える。営業益横ばい。品質管理問題の特損ない。減配。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
06/17
1部
7731
ニコン
6/19終値1549円、カラ売りで推奨しましたが待ち伏せ価格への上昇無く売れず、カラ売り推奨は一旦取り消します。
06/12
1部
6752
パナソニック
6/19終値877円、カラ売りで推奨しましたが待ち伏せ価格への上昇無く売れず、カラ売り推奨は一旦取り消します。
06/05
1部
7261
マツダ
6/19終値1134円、カラ売りで推奨しましたが待ち伏せ価格への上昇無く売れず、カラ売り推奨は一旦取り消します。
05/27
1部
6113
アマダHD
6/19終値1189円、月末の大阪G20で米中首脳会談の開催が決定、貿易協議合意の可能性も出て来ましたのでカラ売り銘柄に関しては一旦ポジションを解消したいと思います。明日は手仕舞いしてポジションを解消。
05/24
1部
3402
東レ
6/19終値813円、月末の大阪G20で米中首脳会談の開催が決定、貿易協議合意の可能性も出て来ましたのでカラ売り銘柄に関しては一旦ポジションを解消したいと思います。明日は手仕舞いしてポジションを解消。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る