リアルタイムサービス(6月12日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は19円高の21223円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅安となり上昇基調の展開も一旦一服。

中国が地方債の使途制限を緩和し、地方政府のインフラ投資を促進する方針を打ち出した事で、NYダウ、ナスダック指数共に上昇して始まりましたが、次第に利益確定売りが強まり上げ幅を縮めて終了。

前日に続いて高値圏では利食いに押されて伸び悩むと言う展開になり、上値の重さが意識される状況です。

昨夜の米国株が上値の重い展開になった事から本日の日本市場も売り先行で始まり寄り付きは小幅安のスタート。

しかし売り一巡後は押し目買いで切り返してプラス圏に浮上するなど底堅い展開、しかし一段高に買い上がるような兆しは見えず、今日は前日終値を挟んでのもみ合いと言う展開になりそうです。

円相場がやや円高気味に振れており、今週末に控えるメジャーSQに対する警戒も有ります。

米中情勢は依然先行き不透明、米利下げ期待も若干過大な期待を織り込み過ぎと言う感じですので、一旦株式市場も膠着感が強まり易い局面でも有ります。

しかしながら日経平均を構成しているのは大型の主力銘柄であり、その様な銘柄に関してはもう暫くは大きな期待は持てませんが、中小型の材料株に関しては引き続き見直し買いの動きは続きそうです。

米中情勢や円高懸念を考えると主力銘柄などは手掛け難いものの、その様な局面では中小型の材料株に物色が強まると言うのがこれまでのパターンです。

更に言えば、好業績で割安感が有り、直近に売り込まれているような銘柄に関しては一旦見直し買いの動きも出やすく、全体よりも個を重視、その様な発想で対応すれば今の相場状況でもさほど神経質になる事は無いと思います。

昨日もコメントをしましたが、保有銘柄のレカムは本日推奨時利食い目処とした150円を突破し利食い完了、後場は新たな銘柄の買いを実行したいと思います。

本日の買い推奨銘柄は、ジャスダック銘柄7624NaITO(前場終値205円)。同社は機械工具の専門商社で、切削工具に強みを持ち、計測を第2に柱に育成中。

業績は主力の切削工具が好調で2019年2月期決算は大幅増収増益で着地、純利益は過去最高益更新となりました。

2020年2月期業績見通しも増収増益見通しで連続で過去最高益を更新する見通し、親会社となる岡谷鋼機の販売網を生かし、一段と収益が拡大する中期計画も掲げています。

テクニカル面においても、2018年1月に435円まで上昇した後の下降トレンドの流れも既に一巡、好業績割安株として見直し買いの動きが期待出来ます。

当面は200円~190円のゾーンが下値支持帯になりますので、まずは時価近辺の205円前後で1回目の買いを実行。

明日以降仮に190円前後が有れば買い増しを実行したいと思います。当面は250円付近が上値目処になりますので利食い目処は250円接近時、但し170円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る