出島テクニカルワールド(5月9日推奨銘柄 )

0509s

↑(週足)

 

 

 

0509h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/9(木)日経平均株価は▼200円の21402円で終了。今日も引き続き米中貿易協議の先行き懸念から売りが先行する展開で日経平均は続落。今夜から始まる米中貿易協議の結果を見極めるまではリスク回避の動きが続きそうですが、仮に10日に制裁関税が10%から25%に引き上げられる事になっても、実際に金銭的負担が発生するまでには数週間猶予を与えると言う報道も有ります。楽観は出来ない状況ですが、一転して貿易協議合意と言う展開も有り得ますので過度に悲観する必要も無いと思います。仮に下げ過ぎる場面があれば安値買いを狙いその後の反発を待つと言う、突っ込み買い狙いがベターな対応だと思います。但し、安全重視なら9・10日の米中貿易協議の結果を確認するまでは様子見対応が良いと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値599円】

(東1)タイガースポリマー(4231)  化学  100株
自動車部品用成形品、ゴムシート、ホース大手の同社ですが、家電用ホースでも高いシェアを持ち、住宅・土木用にも拡充。昨日決算が発表され、2019年3月期は減益となったものの、2020年3月期見通しは二桁の増益に転じる見通し。車載部品は国内の低調をタイ中心に海外で補い、ホースも米国が堅調見通しで収益は急回復。1株利益105円、同社1株純資産は1507円、現在の株価には割安感も有り、PER、PBRから見ても下値不安は限定的。米中貿易協議に不透明感が高まっている状況ですが、仮に一時的な下振れが有っても突っ込み買いを狙い、戻り局面で利食い実行と言う投資ならさほどリスクは無いと思います。昨日は今期増益見通しの発表を受けて上昇した同社株でしたが、今日は一転反落の展開、テクニカル的には550円~530円のゾーンが当面の大きな下値支持帯になりますのでまずは550円台で1回目の買いを狙い、一段の安値が有れば530円台で買い増しを狙いたいと思います。買えるかどうかは週末の米中貿易協議の結果次第ですが、買えれば儲け物的発想で突っ込み買いを狙いたいと思います。当面の上値目処は650円付近になりますので利食い目処は650円接近時、但し500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 低PER・PBR銘柄
【第1買いポイント】  550円台
【第2買いポイント】  530円台
【売り値目標】  650円接近
【損切り設定】 500円を切れば損切り

 

自動車部品用成形品、ゴムシート、ホース大手。家電用ホースも高シェア。住宅・土木用にも拡充。海外で車載部品、産業用ホース好伸。が、ホンダメキシコ工場一時操業停止が痛打。20年3月期は車載部品が国内低調をタイ中心に海外で補い伸長。ホースも米国で堅調。ホンダ工場稼働改善も追い風。営業益反発。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る