リアルタイムサービス(4月24日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は5円安の22254円で前場を終了。昨夜の米国市場は市場予想を上回る企業決算が相次ぎ、株式市場も好感する展開でNYダウ、ナスダック指数共に大きく上昇。

ナスダック指数とS&P500は過去最高値を更新し、NYダウも過去最高値にあと172ドルに迫ると言う展開。

米国株の上昇に加えて、昨日引け後に日本電産が今期増益見通しの好決算を発表した事も有り本日の日本市場も買い先行のスタート。

日経平均は寄り付き直後には22362円まで上げ幅を拡大、しかし10連休を控えて今週の営業日も今日を入れてあと3営業日。

一段の上値を買い上がるには10連休が妨げとなり、買い一巡後はポジション解消売りが強まり上げ幅を縮小。

投資家の心理としては買いポジションを増やして10連休を迎えると言う行動にはなり難く、上昇局面では目先の利食い、ポジション調整の売りが出て来るのも致し方有りません。

米国では今後10年間で1兆ドルのインフラ投資を進めると言う議論が米議会で再度始まろうとしています。

来年の大統領選挙を控えて、共和・民主党共にインフラ投資には前向きですので、今後議論の進展と共に株式市場でも好材料視する動きが強まって行くと思います。

米中貿易協議も90%程度はほぼ合意に達しているとの報道も有ります、残る10%程度は厳しい交渉が続きそうですが、どのような通商交渉においても、最後の最後まで難航する分野はあるものです、しかしながら最終的には政治決着をするものです。

米中貿易協議も合意に向けて確実に進展しているとの見方が現実的だと思います。

英国のEU離脱に関しても、離脱期限が延長され、当面は合意無き離脱と言う最悪の事態は回避しています。

又、先々再度国民投票が実施され、EUからの離脱撤回となる可能性も有ると思います。仮に離脱となったとしても、合意した上での離脱であれば大きな問題は有りません。

今週末から始まる日本市場の10連休も買い見送り要因にはなりますが、足元の世界の情勢を見渡してみれば、特に警戒を要するような要因は無く、逆に期待が持てる要因の方が多いと言う状況です。

米中貿易協議の合意、米企業の良好な決算発表、1兆ドル規模の米インフラ投資、10連休明けから本格化する国内主要企業の決算発表への期待など、今の株式市場には先高期待が日に日に高まっていると思います。

念の為のリスク管理として今週は利食い出来る銘柄は利食い優先で対応しますが、仮に利食いに至らない銘柄に関しても悲観する事は無いと思います。

10連休明けの株式市場に対しては、警戒よりも期待の方が勝っている、その様な状況になりつつ有ると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る