リアルタイムサービス(7月7日後場情報)

出島イラスト

日経平均株価は264円高の20376円で終了。昨日は大きく下げた日本市場も今日は買い戻し先行の展開で株価も急反発。
急反発の材料はお昼のコメントで書きましたが、今夜のユーロ圏首脳会議であらためてギリシャへの支援協議が始まりますので、明日の日本市場の値動きも今夜のユーロ圏首脳会議の結果次第と言う感じ。
日経平均株価の今日の高値は20428円で、7/3日足チャート上のマド埋めとなる20431円にはわずかに届かず、マド埋めまで一気に上昇出来なかったと言う事はテクニカル的見方ではまだ気迷いの感が有ると言う事。
更に言えば、ギリシャの国民投票を受けて日本株が急落した時に空けたマドを埋めきれないと言う事は、まだギリシャ情勢への懸念が残っていると言う事。
言うまでも有りませんが、その理由は今夜のユーロ圏首脳会議への懸念、これまでも二転三転したギリシャですので、今夜のユーロ圏首脳会議ですんなりと支援協議が決着するとは考えられません。
もう暫くはギリシャ情勢を巡り、日本株も乱高下するような展開になると思います、一応その様な展開になると言う事を認識して対応すれば下手に高値を買うような事も避けられると思います。
又安値で買った銘柄なども利益が出ていれば一旦利食いしておこうと言う判断にも繋がります。大局的には上昇基調が続く日本市場ですが、もう暫くは下げ下げを繰り返すような値動きが続くと思います。
しかし日経平均の値動きに連動するような銘柄の多くは主力銘柄と言われる大型株です、新興市場銘柄や2部銘柄、又は1部銘柄でも材料株などは余り悪影響も有りませんのでさほど神経質になる必要も無いと思います。
今日は野村HDが推奨時利食い目処とした900円に到達して利食いを完了し、後場にはフィードワンHDも推奨時食い目処とした190円に到達して利食い完了。加えて、本日買い推奨をしたマイナンバー関連のソルクシーズも後場に約定完了。明日以降も面白い銘柄が出て来れば買いを考えたいと思います。
先日にも書きましたが、今後は国内企業の四半期決算発表が始まりますので、個々の銘柄も足元の業績で一喜一憂する展開に移行して行きます。
第1四半期業績の発表時に業績修正をする企業は少ないですが、進捗状況などが意識されますので、特に今は買い材料不足と言う感じの相場状況でも有り、好業績を発表するような銘柄は集中的に買われると言う展開も期待出来ます。
今後本格化して行く第1四半期決算発表を見ながら、順次買える銘柄は買って行く、しかし保有銘柄でもポジションを解消した方が良いと言うようなものが有れば迷う事無く手仕舞いもして行きたいと思います。
今日は一旦反発した日本市場ですが、まだ乱高下相場の中に有りますのでもう暫くは上げ下げを繰り返す展開を想定しながら対応して行かなければなりません。
しかし投資に関しては個別重視で個別対応、全体動向に関係なく買われる可能性が有るような銘柄であれば積極的に買って行くと言う対応で問題は有りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る