出島テクニカルワールド(3月22日推奨銘柄 )

0322s

↑(週足)

 

 

 

0322h

↑(日足)

 

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/22(金)日経平均株価は△18円の21627円で終了。注目された米FOMCの結果は、年内の利上げは無し、資産縮小も9月に停止すると言う内容で、市場が想定した以上にハト派的な結果になりました。その結果円高が進み日本市場にはマイナスの一面も有るものの、米株式市場は堅調な展開が期待出来る事から日本市場にはプラスの一面も有ります。ざっくりと言えば米FOMCの結果も日本市場にとってはプラマイゼロと言う感じ、引き続き膠着した展開が続きそうな日経平均です。米中貿易協議が合意に達しても当面現在実行している対中国への追加関税は解除しないとトランプ大統領が表明、米中貿易協議を巡る新たな懸念も再浮上、しかし今は全体よりも銘柄重視の環境、好業績割安、テーマ性や材料性に注目が集まり易い銘柄を中心に個別対応なら米中情勢や日経平均の膠着状態もさほど気にする事は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値259円】

(東2)技研ホールディングス(1443)  建設  100株
3/6にも買い推奨をして既に利食い済みの同社株ですが再度買いを狙いたいと思います。防衛関連銘柄として注目され3/12には337円まで急騰、その後調整局面を迎えていますが、北朝鮮情勢は一段と不透明感を強めており、調整一巡感が強まれば同社株への買いが再度強まると思います。同社は道路法面保護と放射線防護工事が主力、電磁波シールド工事、法面保護共に好調で2019年3月期業績見通しは売上高は小幅に減少しますが利益面では大幅増益の見通し。1株利益24円、同社1株純資産は450円と現株価水準には割安感も有ります。同社は放射線防護工事や電磁波シールド工事を手掛けており、電磁パルス攻撃防御関連銘柄になると共に同社が手掛けている道路法面保護工事は自然災害を防ぐと言う意味では国土強靭化に通じ、国土強靭化関連銘柄としての一面も持ちます。テクニカル的には250円~230円のゾーンが目先の下値支持帯になりますので、多少の下振れは想定した上で2回に分けて、250円台と230円台買い下がりスタンスで押し目買いを狙いたいと思います。当面の上値目処は3/12に付けた高値水準の330円台になりますので利食い目処は330円接近時、但し210円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。北朝鮮にミサイル発射の兆しが有り、昨夜米国では北朝鮮関連の新たな経済制裁も発表しています、今は調整局面を迎えている同社株ですが、再度急騰する下地は十分、押し目買い狙いで再度の吹き上げを待ちたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 防衛・国土強靭化関連
【第1買いポイント】  250円台
【第2買いポイント】  230円台
【売り値目標】  330円接近
【損切り設定】 210円を切れば損切り

 

純粋持株会社。技研興業が株式移転により18年1月設立。道路法面保護、放射線防護工事が主力。9月末受注残は前期末と同水準の66億円。放射線防護、電磁波シールド工事は堅調。法面保護は選別受注で利益率好転。外注費削減も寄与し増益。20年3月期は災害復旧でブロック型枠関連が牽引。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/18
2部
8226
理経
3/22終値269円、推奨時待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消し、今後買いチャンスが有れば再度推奨を検討したいと思います。
03/11
2部
4847
インテリジェントウェイブ
3/22終値718円、推奨時利食い目処とした700円に到達し利食い完了。
02/22
ジャスダック
6890
フェローテック
3/22終値1161円、買いコスト1025円、推奨から1ヶ月が経過、週明けは小幅ですが利食い実行でポジションを解消したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る