リアルタイムサービス(12月17日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は162円高の21536円で前場を終了。先週末の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に大きく下落。中国や欧州の景気減速を示す経済指標発表で世界経済の先行きへの懸念が強まると言う展開に。

14日に発表された中国の11月小売り売上高が15年ぶりの低水準となり、工業生産は10年ぶりの低い伸びとなり、世界経済への悪影響が警戒されると言う格好に。

欧州でも景気の先行指数とされるユーロ圏の12月PMIが4年ぶりの低水準となり、米中貿易戦争の悪影響が警戒されると言う状況です。

アジア市場、欧州市場が大きく下げた事で先週末の米国市場でもリスク回避の売りが強まると言う展開になりました。

今週は18・19日に米FOMCが開かれ、今後の金融政策への注目も集まります、利上げサイクルの打ち止めを示唆するのか?

米景気減速懸念や株式市場の軟調な展開を考えると利上げ打ち止めを示唆する可能性は大いに有ると思います。

先週末の米国株安を受けて始まった本日の日本市場ですが、日経平均株価は先週末に大きく下げていますので先週末の米国株安も既に織り込み済みです。

今日は買戻しが先行する展開で日経平均は反発、しかし今日の反発も日経平均先物主導と言う感じで、個々の銘柄を見るとややばらつきが有ると言う状況です。

ざっくりと言えば、買い意欲は低調、しかし日経平均先物が買われて上昇しているだけ、そんな感じです。

今週からは海外投資家の多くもクリスマス休暇に入り日本市場でも市場参加者や日々の売買代金が減少します。

市場参加者や売買代金が減少する中で、何か大きな材料でも出て来ると株式市場も上下共に大きく振れ易くなると言う一面が有ります。

逆に何も手掛かり材料が無いと膠着感が強まり動かない展開にもなり易くなります。

個々の銘柄においても状況は同じです、材料が出た銘柄には資金が集中して大きく動き易くなりますが、手掛かり材料が無ければ全く動かない、その様な2極化にもなり易くなります。

しかしその様な状況も年内一杯の期間限定です、年が明けて来年になれば又普通の相場状況に戻ります。

米中情勢に安心感が高まるまでは我慢の相場が続く事になりますが、我慢の局面も「先を見据えれば安値買いの局面」と考えればさほど苦にはなりません。

まずは明日から始まる米FOMCの結果を待ち、次を考えるのはそれからで良いと思います。

米FOMCの結果を確認するまでは保有銘柄の値動きを見守るだけで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る