出島テクニカルワールド(11月27日推奨銘柄 )

1127s

↑(週足)

 

 

 

1127h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/27(火)日経平均株価は△140円の21952円で終了。昨夜の米国株上昇と円安進行を好感して日経平均は3日続伸、一時は22000円を回復する場面も有りました。月末の米中首脳会談が近づき、これまで売り込んで来た投資家の買い戻しも強まっていると思います。しかし米中首脳会談後の相場は米中首脳会談の結果次第、引き続き先行き不透明感が残る状況に大きな変化は有りません。安全重視なら米中首脳会談の結果を確認するまでは投資は休むと言う対応が最善、リスクを取る場合でも米中貿易摩擦の影響が少なく、好業績割安感の有る銘柄の安値買い狙いと言うスタンスが最善だと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値981円】

(JQ)イマジニア(4644)  通信  100株
同社はモバイルコンテンツの配信、企画が主業務ですが、任天堂のSwitch向けゲーム「Fit Boxing」を手掛けており、クリスマス商戦に向けて世界同時発売されます。同社が国内販売を手掛け、任天堂が海外販売を手掛ける事になっており、季節的に注目が高まる事が予想されます。2019年3月期業績見通しは増収、営業増益見通しで1株利益は52円、同社1株純資産973円を考えれば現在の株価には割高感は無く、テクニカル的にも底打ち反転の兆しが見えています。今年の2月には1192円まで上昇した同社株でしたがその後は下げに転じて10/30には一時858円まで下落、しかしその後反転上昇に転じて直近の戻り高値965円を突破、25日移動平均線も上向きに転じ、再上昇が期待出来るチャート形状です。当面は940円~900円のゾーンが大きな下値支持帯になりますので、まずは950円前後で待ち伏せして買いを狙いたいと思います。仮に900円付近までの下げが有れば買い増し実行で良いと思います。当面は1200円付近が上値目処になりますので利食い目処は1200円接近時、但し10/30安値858円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。月末の米中首脳会談の結果を確認するまでは無理はせず、投資は休むと言う対応が良いと言う投資環境ですが、クリスマス商戦関連銘柄で業績的にも割高感は無く、チャート的にも既に底値固めを終えている銘柄ですので、米中首脳会談の結果もさほど気にせずに投資出来る銘柄だと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 クリスマス商戦関連
【第1買いポイント】  950円前後
【第2買いポイント】  900円前後
【売り値目標】  1200円接近
【損切り設定】 858円を切れば損切り

 

モバイルコンテンツ配信、企画が柱。パッケージソフト、キャラクターのライセンス商品販売も。柱のコンテンツ配信がNTTドコモ『スゴ得』や『auスマートパス』などキャリア主導サービス伸びる。スマホゲーム『すみすみ』好調。任天堂『Switch』向けゲーム『FitBoxing』今冬世界同時発売。海外販売は任天堂が担う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る