出島テクニカルワールド(11月13日推奨銘柄 )

1113s

↑(週足)

 

 

 

1113h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/13(火)日経平均株価は▼459円の21810円で終了。昨夜の米国市場がNYダウ、ナスダック指数共に大きく下落。アップルの業績懸念からハイテク株が軒並み売られ、ゴールドマンサックスの不正関与報道も売り材料に。本日の日経平均も売り先行で始まり9時21分には21484円まで急落、売り一巡後は買い戻しで下げ幅を縮めたものの、株式市場は再度悲観ムードが強まる状況。一方では中国の劉鶴副首相が近く米国を訪問するとの報道も有り、米中貿易戦争緩和への期待も有ります。日々出て来る材料で一喜一憂し、やや過剰な反応を見せる株式市場ですが、好業績銘柄の安値買い狙いと言う対応ならリスクも限定的、行き過ぎた安値が有れば買うと言うスタンスが当面は最善の対応になると思います。

 
【銘柄情報】【本日終値1855円】

(東1)オリジン電気(6513)  電気機器  100株
電源大手3社の一角で、通信用や産業装置用の電源機器と合成樹脂塗料に強みを持ち、メカトロニクスも手掛けている同社ですが、足元の業績は好調に推移し、11/9に発表した9月中間決算は大幅な増収増益で着地、2019年3月期業績見通しは据え置いたものの、上方修正期待が高まる内容です。株式市場は米国株が再度急落するなど日本市場も不安定な状況、相場環境が落ち着くまでは余り無理はしない方が良いと言う投資環境ですが、少し先を見据えて好業績割安銘柄の安値買い狙いと言うスタンスならリスクも少ないと思います。同社株は1株利益見通しは301円で1株純資産は3344円、現在の株価水準は明らかに割安感が有り、もう一段の調整安が有れば押し目買い狙いで臨みたい銘柄です。テクニカル的には1700円前後が目先の下値支持帯になりますので1700円台で押し目買いを狙うと言う対応で臨みたいと思います。再度波乱含みの相場状況ですので、一時的には下振れすると言う動きも無いとは言い切れません、その場合が1600円台が次の下値目処になりますので買えれば儲け物的スタンスなら1600円台が有れば買うと言う対応も一考です。当面の上値目処は2200円付近になりますので利食い目処は2200円接近時、但し1500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、割安銘柄
【第1買いポイント】  1700円台
【第2買いポイント】  1600円台
【売り値目標】  2200円接近
【損切り設定】 1500円を切れば損切り

 

電源3社の一角。通信用や産業装置用の電源機器と合成樹脂塗料に強み。メカトロにも展開。自動車生産堅調受け塗料出荷順調増。事務機用部品も好調継続。液晶装置用電源は期央から上向く。前期投入した真空ソルダリングシステムは期初から出荷始まり貢献。営業益復調続く。普通40円配。ピークカットや電力スマート化対応蓄電システムの市場開拓に本腰。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
10/12
ジャスダック
4814
ネクストウェア
11/13終値239円、推奨から1ヶ月経過、保有継続で上昇を待ち、この先270円を超えれば売却してポジションを解消。但し220円を切ればリスク管理上損切り実行。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る