出島テクニカルワールド(11月8日推奨銘柄 )

1108s

↑(週足)

 

 

 

1108h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/8(木)日経平均株価は△401円の22486円で終了。昨日は米中間選挙の結果から米議会のねじれが懸念され下落した日経平均でしたが、昨夜の米国株が大きく上昇した事から買い安心感が強まり今日は買い戻しも交えて大きく上昇。しかし昨夜の米国株高も、選挙結果の良いとこ取りと言う一面も有り、今後はねじれ議会の負の側面も意識されてきますので楽観は出来ません。今月末に予定されている米中首脳会談も現状ではどのような結果になるかは不透明。しかし米中間選挙を無難に通過した事は不透明要因が1つなくなると言う事で株式市場には好材料。日経平均に関してはこの先も当然上げ下げの波は有りますが、銘柄重視の個別対応と言うスタンスならさほど神経質になる事は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値604円】

(東1)ワコム(6727)  電気機器  100株
ペン入力のタブレットで世界首位の同社ですが、他社製PCやモバイル端末向けに電子ペンシステムも開発、出資先の英ソフト会社とVR・AR向け3D描画ツールも開発中で、19年度中の販売を目指し試用実験を進めています。11/5引け後に発表した9月中間決算は、10/12に上方修正した数値とほぼ同額で着地し足元の好業績が確認され株価も上昇、スマートフォン、タブレット、ノートPC向けペン・センサーシステムの引き合いが好調で大幅増益となりました。2019年3月期業績見通しは据え置いたものの上方修正期待も高まる内容、テクニカル的には25・75・200日移動平均線を全て上回るなど買いシグナル出現、今はやや上に伸びきっている株価ですのでこの先調整安を待って押し目買いを狙いたい銘柄となります。テクニカル的には560円~520円のゾーンが目先の下値支持帯になりますので、まずは560円台で買いを狙い、もう一段の安値が有れば520円台で買い増しを狙いたいと思います。当面は今年の6月高値水準の650円付近が上値目処になりますので利食い目処は650円接近時、但し490円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、成長期待銘柄
【第1買いポイント】  560円台
【第2買いポイント】  520円台
【売り値目標】  650円接近
【損切り設定】 490円を切れば損切り

 

ペン入力のタブレットで世界首位。他社製PCやモバイル端末向けに電子ペンシステムも開発。柱の自社ブランド品は新製品量産に遅れ、出足もたつくが尻上がりに改善。好採算のOEMはスマホ用新製品乗りタブレット、ノートPC用も採用拡大。電子インク等開発費こなす。出資先の英ソフト会社と開発中のVR・AR向け3D描画ツールは、19年度中の投入目指し試用実験本格化。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る