出島式投資ワールド(10月25日推奨銘柄)

20181025

(9070)トナミホールディングス
四季報によると、一般貨物は生産・消費財の増勢続き、価格是正の進展が底上げ。物流サービスは大阪・名古屋の新拠点が通期化、富山の既存センター増設も効き、扱い量拡大。燃油費、外注費増の逆風あるが会社営業益計画はやや慎重。のれん減損特損ない。首都圏中心に物流センター新設、既存拠点増設で3PL強化。来年3月メドに埼玉センターの保管能力5割拡大へ。

8月10日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+15.4%の65億円、経常利益+11.0%の67.8億円の2期連続の増収・増益の見通し。
2015年2月25日の5220円(併合前522円)の高値からの下降トレンド(A)の中で、2016年2月12日の2520円(併合前252円)、6月16日の2500円(併合前250円)、8月23日の2460円(併合前246円)と順下げの3点底をつけて、上昇トレンド(B)へ転換しました。この中で今年の2月14日の4650円の安値から角度の大きい上昇トレンド(C)へ移行して、5月23日の8150円でピークをつけて反落となって7月11日の5720円まで押し目を入れて再上昇となるも9月21日の7430円まで上昇して戻り高値となり、10月16日の5780円の安値をつけてもみあい、10月22日の5990円で買転換となったものの、日経平均の一段安を受けてつれ安しています。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①5680~5800円
②5350~5550円
①の場合6500~6800円
②まで下げると6000~6300円
チャート上は4650円を終値で切ると損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
10/25(木)日経平均株価は▼822円の21268円で終了。昨夜の米国株が再度急落、日本市場も全面安で日経平均も再度急落。テクニカル的には下げ過ぎシグナルが出ていますが、買い材料乏しく、警戒材料が多いと言う状況で需給的な悪循環と言う感じです。下がるから売りが出て来る、売るから下がると言う感じ、しかし目先の売りが一巡した後には急反発も想定され、短期的には上下どちらにも振れ易い状況。この先もう一段の急落も有り得れば、急反発も有り得る、暫くは投機性の強い展開が続きそうです。安全重視なら値動きが落ち着くまでは休み、当面はリスク覚悟の方のみ参加する投資環境と言う感じです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る