日経225先物プロライブ(10月29日号)

2018.10.29

先週末のアメリカ株式市場は、反落。

大手インターネット企業のほか、予想を下回る企業決算が多く…
業績鈍化懸念により大幅反落して始まりましたが、
折り込みを意識する向きもあり取引時間中盤に向けては戻り歩調、
その後引けにかけては再び売られるという、
売り買いが交錯する1日となりました。

3指数とも1%を超える下落率となりましたが、VIX指数はほぼ変わらずと、
以前高止まりしているものの、市場の落ち着きを意識する兆候も見られています。

為替市場では、リスクオフの円高から反転する展開に。
ドル円は、112円台から《111.37》まで下落し、
その後再び《112円台》を回復するなど、やや荒い値動きとなりました。

それらの動きを受けた日経225先物は、円高・株安局面で《20790円》まで下落、
その後の戻り局面で《21400円水準》に反発、
引けは《21200円付近》と、荒い値動きとなっています。

本日も荒い値動きが見込まれますが、
買い戻しに動く向きが増えるのではないかと考えています。

本日の予想レンジ 21100円~21650円

買い戻しに動く向きが増えれば買い戻しが買い戻しを呼ぶ展開に、
そうでなければ引き続き売りの流れになる可能性が高そうですが、
売りの勢いはやや衰えると想定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る