日経225先物プロライブ(11月1日号)

2018.11.1

昨日のアメリカ株式市場は、続伸。

アジア・欧州ともに株式市場が堅調推移となり…
昨日のリスクオンの流れを引き継いだほか、決算は好調なものが多く、
Facebookが決算発表を受けて買われたことから大型テクノロジー株が指数を牽引、
利食い売りも見られたものの、終日堅調推移となりました。

為替市場は、やや円高方向の動きに。
ドル円は、リスクオンセンチメントや予想を上回るADP雇用統計を受けて
113.39まで上伸しましたが、シカゴPMIが予想を下回ったことを受けて反転、
その後全体的に円が買われる場面があり《113円》を割れたあとは、
《113円水準》を挟んでの揉み合いとなりました。

それらの動きを受けた日経225先物は、出来高・値幅ともに減少傾向となり、
《21740円〜21940円》のレンジ内でやや方向感に欠ける値動きとなっています。

リスクオフの売りは一巡しているものの、
上値を追っていく力があるかは「蓋を開けてみてから」かもしれません。

本日の予想レンジ 21650円~22100円

アジア株の動向次第で値幅が広がる可能性がありますが、
ここ数日よりは値動きが落ち着くと想定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る