出島式投資ワールド(10月22日推奨銘柄)

20181022

(4668)明光ネットワークジャパン
四季報によると、19年8月期は日本語学校など新規事業が徐々に寄与。ただ、主力の個別指導は他社との競争が厳しく依然、生徒獲得に苦戦。前期ほどの広告宣伝費見込まず営業益上向くが回復鈍い。21期連続増配。日本語学校は移転による増床で定員枠拡大。ニーズ強い英語やプログラミングなど小学生向け新コンテンツ拡充。学校内学童保育など運営受託事業も推進。

10月11日発表時点。2018年8月期本決算は、営業利益で前年同期比-44.9%の14.41億円、経常利益-44.5%の15.58億円の減収・減益。2019年8月期本決算予想は、2018年8月期比で営業利益+29.1%の18.60億円、経常利益+24.5%の19.40億円の増収・増益の見通し。
2012年6月19日の701円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成しました。この中で2015年4月23日の1514円、7月7日の1526円と2点天井をつけたあと、下降トレンド(B)
へ転換しました。この下降トレンド(B)の中で、2016年10月3日の888円で底打ちとなって上昇に転じ、下降トレンド(B)を上にぬけて2017年7月25日には1657円の高値更新となりました。その後、11月16日の1225円まで下げて反発し、12月4日の1368円まで上昇後は、ゆるやかな下降トレンド(C)となっていましたが、ここを下放れし今年の10月12日に908円まで下げ、2016年10月3日の888円に対する2番底(柴田罫線ではダブル底)となって反発し、10月19日に1001円で買転換となっています。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①960~1000円
②900~950円
①の場合1120~1150円
②まで下げると1040~1080円
終値で888円を切るといったん損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
10/22(月)日経平均株価は△82円の22614円で終了。米国がロシアとの中距離核戦力廃棄条約からの離脱を表明し、地政学リスクが警戒され本日の日経平均も一時22271円まで下落しましたが、中国の景気支援、株式市場支援姿勢を受けて本日の中国株が大きく上昇、米国でもトランプ大統領が中間所得層を対象にした減税検討を表明し、売り一巡後は日経平均も押し目買い 流入で下げ幅を縮めてプラス圏に浮上、22672円まで上げ幅を広げる場面も有りました。依然不安定な一面は有るものの22200円台が目先の底値になりつつ有る日経平均、この先も多少の乱高下は有るかもしれませんが、銘柄重視の投資スタンスで、安値を買って反発局面を待つと言う対応なら問題は無いと思います。
一言メッセージ
■■ 今週は、22200円水準を安値に、外部環境が悪化しなければ戻りを試す展開の可能性も ■■

<先週は、アメリカ株式の大きな上下動に連動し、日経平均も日々3ケタの値動き>
先週の予測では、日経平均はアメリカ株式と為替に注目しながら下値を確認する動きとなるとしました。結果的には、1週間を通して、全ての営業日で3ケタ幅の大きな上下動の動きとなり、安値は19日(金)に22212円と10月2日の年初来高値24448円からの調整における安値を更新しました。しかし、終値では22532円となり、前週比では162円の下落にすぎず、200日線(19日時点:22499円)を上回って引けました。

10月15日(月)は、ムニューシン財務長官が13日(土)に日本と物品貿易協定の交渉で通貨安の誘導を禁じる為替条項を求める考えを表明したことで、円相場が対ドルで円高となり、日経平均は急落し一時▼432円の22261円まで下げ、終値でも▼423円の22271円で引けました。 16日(火)は、自律反発の動きとなり△26円の22298円で寄り付き、その後、小幅安に転じる場面があるものの、後場、大引けにかけて切り返し△277円の22549円と大幅反発しました。 17日(水)は、前日のアメリカ市場で10年債利回りが落ち着いた動きの中で、好決算が相次ぎ株式は3指標そろって大幅上昇となったことで、日経平均も連動し△257円の22806円で寄り付き、一時△410円の22959円まで上昇し、終値は△291円の22841円の大幅続伸で引けました。 18日(木)は、本来ならば大きな下落のあとの戻りを試す場面であるが、イタリアの2019年予算案をEUの欧州委員会が拒否する可能性から欧州株式のリスクが警戒され、さらに上海株式が反落したことで▼182円の22658円と3日ぶりに反落しました。 19日(金)は、前日のアメリカ市場は米中貿易戦争や中東の地政学的リスクが意識され、株式は3指標そろって大幅下落となり、日経平均も▼316円の22342円で寄り付きました。中国の景気減速懸念や金利上昇への改警戒感から世界的に大幅下落の流れが続いており、日経平均は一時▼445円の22212円と10月2日に24448円の年初来高値をつけて以来の調整局面での安値更新しました。しかし、売り一巡後は下げ幅を縮小し、▼126円の22532円と続落するものの200日線(22499円)や10月SQ値(22313円)を上回っています。この水準で値固めできるかどうかが今週のポイントとなります。

19日(金)のアメリカ株式は、マチマチの動きとなりました。上海株式が上昇した流れを受け、午前中は3指標ともそろって上昇するものの、好決算銘柄が上昇する一方でハイテク株は利益確定売りが続き、NYダウは△64ドルの25444ドル、ナスダックは▼36Pの7449Pで引けました。シカゴの日経先物は▼80円の22450円でした。

<今週は、22200円水準を安値に、外部環境が悪化しなければ戻りを試す展開の可能性も>
今週は、日米の決算に注目しながら、サウジアラビア問題、米中貿易問題などが悪化しなければ22200円を下値のメドに下値を固める動きが想定されます。先週末は、終値で22532円で引け、200日線(19日:22499円)を上回って引けており、終値で守るようだと200日線にからんだ動きで下値固めをすることになりそうです。日米の好決算が続くようなら日経平均も23000円を意識する動きの可能性がありますが、サウジアラビア問題からの中東情勢の不安や米中貿易問題は当面、警戒感が続くことになり、きっかけ次第では株価は弱含み、大きな上下動の繰り返しも考えられます。

本日は、先週末にアメリカでハイテク株が売られたことで、日経平均も▼157円の22374円で寄り付き、一時▼260円の22271円まで下げましたが、先週の安値22212円を守って反発し、円の弱含みと上海株の上昇で下げ幅を縮小し、前引けは▼69円の22462円でした。後場は、昼休みの時間に上海株式が一段高となったことで、日経平均も△25円とプラスに浮上し、時間外でのアメリカ株先物も持ち直したことで、一時△140円の22672円まで上昇し、終値は△82円の22614円で引けました。

指標分析

日経平均10-22

 先週の予測では、長期金利の上昇から大幅下落となった米株式と為替の動きに注目としました。下げた場合の下値は10月SQ値(22313円)を終値で下回らなければ一段安(22000円)はないとしました。

結果的には、NYダウが大きな上下動となり、日経平均もそれに連動する動きとなりました。週始めの10月15日(月)は▼423円の22271円と10月SQ値を下回るものの、アメリカ株式の反発を受け、10月17日(水)には一時△410円の22959円まで上昇して△291円の22841円と大幅続伸となりました。しかし、すぐに反落となり週末には一時▼445円の22212円まで下げ、▼126円の22532円で引けました。週の終値では10月SQ値と200日移動平均線を守って引けました。

今週も相場環境は、サウジアラビア問題、米中貿易問題、アメリカの核廃棄条約の破棄表明など警戒する要因は多く、この中で日米の決算発表のピークとなっており、決算内容がよければ株価は上昇するものの上値は限定的となりそうです。日経平均は22000~23000円のレンジの中で上下動する動きが続きそうです。

NYダウ10-22

先週は、10月11日に24899ドルまでの大幅安のあと△287ドルの25339ドルと反発したことで、このまま歯止めがかかるかどうか注目することになり、10月17日のFOMC議事録で利上げ方針が継続するのかどうかみるところとしました。

結果的には、良好な企業業績と外部環境のリスクとの綱引きとなって大きな上下動となりました。10月16日(火)には10年債利回りが落ち着いた動きなの中で好調な決算を受け△547ドルの25789ドルと大幅反発しました。その後は、利益確定売りに続き10月18日(木)は、米中貿易戦争やサウジアラビア問題からの中東の地政学的リスクが意識され、▼327ドルの25379ドルと大幅続落し、週末は△64ドルの25444ドルで引けました。

今週も相場環境は、長期金利が高水準で推移しているほか、米中貿易問題、イギリスのEU離脱問題、イタリアの来年度予算問題、サウジアラビア問題などリスク要因が増加しています。ただ、今週は7-9月期の決算のピークを迎え、予想をこえる決算発表が続けば相場は目先持ち直す可能性もあります。又、26日の7-9月期GDP速報値も注目となります。

為替10-22

 先週は、長期金利の動向とNYダウの動向を見極めながらドルが下げ渋る展開を想定しました、先週は、一時的にはムニューシン財務長官が日本との貿易協議で為替条項を求めていくことを示したことで日経平均は下落したものの、サウジアラビア問題でリスク回避的なドル売り・円買いが進むものの、FOMCで利上げ継続を支持する意見が多かったことでドルが買い戻されました。111.63円までドルは売られましたが、週末には112.73円まで買い戻されました。

今週もFRBによる利上げ継続方針は変わらないことで、経済指標が好調であればドル買いは継続するものの、米長期金利が上昇すれば株価が不安定となって、長期金利の上昇を抑えることになります。26日発表される7-9月期のGDPが市場予想と一致すれば、12月の追加利上げを見込んだドル買いの思惑が高まってくることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ページ上部へ戻る