出島テクニカルワールド(10月17日推奨銘柄 )

1017s

↑(週足)

 

 

 

 

1017h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
10/17(水)日経平均株価は△291円の22841円で終了。昨夜の米国市場がNYダウ、ナスダック指数共に大きく上昇し本日の日本市場も買いが先行する展開で日経平均も上昇。一時22959円まで上昇したものの、23000円に近づくと戻り売りに押されて上げ幅を縮小するなど再度23000円付近が上値の壁になりつつあります。今週中には発表されるであろう米為替報告書の結果がまだ明らかでは有りませんので、今日の上昇で安心とはなりませんが、米国市場が落ち着けば、この先多少の乱高下は有っても、銘柄重視の投資スタンスで、安値を買って反発局面を待つと言う対応なら問題は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値791円】

(東1)ワイエイシイHD(6298)  機械  100株
同社は、各種自動化機器の中堅で、ディスプレイ関連、メカトロニクス関連、クリーニング関連事業が主力。有機EL向けプラズマ・エッチング装置を手掛けている事から有機EL関連の一面を持ち、子会社のワイエイシイエレックスが、利用者がベッドから離れようとした時に素早く検知、通知、モニタリング、声掛けする施設型見守り支援システム「Mi-Ru(ミール)」システムを手掛けており高齢化による市場拡大の恩恵が期待されます。業績動向に関しても、前期はディスプレー関連事業およびメカトロニクス関連事業で、売り上げ計上を見込んでいた案件の受注に遅れが発生したことから経常減益となりましたが、今期は増収増益見通しで1株利益は89円、同社1株純資産1555円、20円配当を考えれば現在の株価水準は割安、押し目買いを考える局面だと思います。テクニカル的には直近安値水準の740円台が下値支持帯になりますが、まずは770円台で押し目買いを狙い、仮に740円台が有れば買い増し実行が良いと思います。当面は880円付近が上値目処になりますので利食い目処は880円接近時、但し700円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】見直し買い狙い
【ポイント】 好業績、割安株
【第1買いポイント】  770円台
【第2買いポイント】  740円台
【売り値目標】  880円接近
【損切り設定】 700円を切れば損切り

 

各種自動化機器の中堅。メモリディスク関連・液晶関連装置が主力化。太陽電池製造装置に参入。ディスプレー関連事業は受注残豊富で売上は大きく増えるが、利益率低い。メカトロニクスは出足鈍いが、第2四半期以降拡大想定。クリーニングは年度末需要で黒字化。利益急回復だが会社計画過大。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る