出世株発掘ドリーム・レポート(2018年10月15日推奨 )

船イラスト

日経平均株価10/15終値22271円

日経平均1015

 

 

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

米長期金利の上昇に警戒感が強まり10/10に米国株が急落、NYダウ、ナスダック指数共に大きく下落し、日本市場のみならず、世界同時株安と言う状況になりました。米国株の急落を受けて日経平均も10/12には一時22323円まで下げ幅を拡大、その後一旦反発に転じましたが、本日再度大きく下落し一時22261円まで下落して安値を更新、依然下げ止まりは確認出来ずと言う状況です。 しかしこのような時こそ冷静な判断や対応が必要です。そもそも米長期金利の上昇は今に始まった事ではなく、3,1%が3,2%になったからと言って株式市場が急落するのも本質的にはおかしな話です。又米中貿易戦争にしてもこれまでも続いて来た事で有り、今更一段の対立激化が警戒されるのもおかしな話です。今回の米国株の急落も、複合的に幾つかの要因が入り混じって起きた事ですが、本質的には過熱感が出るほどに上昇し過ぎていた事に対する反動安のようなものです。NYダウに関しては、7月以降は一本調子に上昇基調が続き10/3には過去最高値を更新しています。ざっくりと言えば買われ過ぎた反動安であり、テクニカル的な下値の目処を切った事により、自動売買などの売りが膨らんだと言う一面も下げ幅を大きくした要因だと思います。

 

投資家の心理としては、過去最高値圏にある米株式市場ですので、下げ始めると売りが売りを呼び込み必要以上に下げてしまうと言う結果になったと思います。日本市場でも米国株の急落を受けて言わばパニック売りが膨らむと言う展開で日経平均も急落、しかし冷静に考えてみれば、9月の上昇前の水準に戻っただけで、円相場に関しても112円付近なら企業業績に関しては特に問題は無い水準です。国内主要企業の多くは107円程度が想定レートですので、112円付近はまだまだ余裕の有る相場水準です。又米長期金利の上昇もまだ3%を少し超えた程度の水準で、好調な米経済が変調をきたすようなレベルでは有りません。

経済が好調だからこそ緩やかな利上げが続き、米長期金利もそれに沿って上昇していると言うのが今の米国市場です、簡単に言えば今の米国の金利上昇は景気拡大に伴う金利の上昇であり良い金利上昇です。米経済がピークを過ぎ、減速に転じる兆しでも有れば要注意となりますが、今のところはその様な兆しも無く、米経済は一段と拡大するような状況ですので、今回の米国株の急落も過剰反応だと思います。 現状ではまだ諸々不透明要因が有りますので、もう暫くは不安定な値動きが続きそうな投資環境ですが、日経平均よりも個々の銘柄重視で対応して行くならさほど心配する必要は無いと思います。 株式市場が大きく急落した後には完全に値動きが落ち着くまでは1ヶ月程度は掛かるものです。不安定な値動きの中で有る程度乱高下を繰り返しながら値動きも徐々に落ち着いて行きます。又、テーマ株や材料株に関しては、日経平均急落の悪影響も限定的です、いずれ見直し買いが強まりそうな銘柄こそ今は買い場だと思います。成長期待の強い銘柄の安値を仕込み先々の上昇を待つ、それが今の日本市場での最善の投資スタンスだと思います。

 

 

 

本日の買い推奨銘柄

JQ ガラス・土石 5381 Mipox 10/15終値437

 

買いゾーン①時価 ②390円台 利食い目処800円前後 損切り350円割れ

 

同社は微細表面加工の液体研磨剤大手で、ハードディスク最終工程で使用される研磨フィルムのシェアがほぼ100%を占めています。次世代のパワー半導体の研磨にも注力しており、IoTの普及拡大や自動運転車の普及拡大、AI(人工知能)、キャッシュレス社会の拡大など、今後半導体需要が急拡大する事が予想されており、同社に対する成長期待は高いものが有ります。又、光ファイバー向け研磨フィルムも手掛けており、5G(第5世代移動通信システム)関連銘柄への注目が高まっている株式市場ですので、5Gへの移行には当然光ファイバー網の更新も不可欠、そう言う意味では同社株も5G関連の一面を持ちます。今期は買収した日本研紙が通期で業績に寄与し既存事業も好調持続、2019年3月期も増収増益が見込まれ、2020年3月期以降も増収増益基調が期待出来ます。成長期待から今年の1月末には917円まで上昇した同社株でしたが、その後は半導体需要の先細り懸念が強まり同社株価も調整安が続きましたが、一時的な落ち込みは有っても半導体需要の拡大基調が続く事は間違いなく、同社株に関しても今が安値を仕込む好機、安値を仕込み先々の吹き上げを待ちたいと思います。

 

5381 Mipox 月足チャート

Mipox月足MS

 

 

 

 

 

【現在保有中の銘柄に関するアフターフォロー・コメント】

 

4/25に推奨をした4344ソースネクストが推奨時利食い目処とした1400円に接近、ぼちぼち一旦利益確定を考える局面です。

 

※ 何もコメントが無ければ保有している銘柄は現状維持(保有継続)の方針とお考え下さい。

 

 

 

 

※次回の提供日は10/25(木)です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る