リアルタイムサービス(10月4日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は56円安の24054円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇。朝方発表された9月のADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数が前月比23万人増となり、市場予想を上回る結果になった事を株式市場も好感。加えてイタリア政府が財政赤字のGDPに対する比率を削減すると表明した事も安心感に繋がり、欧州株が上昇した事も米国株には追い風になりました。昨夜のNYダウは一時180ドル程度上昇する場面も有りましたが、良好な経済指標の発表を受けて、米景気の拡大ペースが加速するのでは?との見方から米長期金利が上昇。一時10年物の米国債利回りが3,17%まで急伸し、金利の上昇を警戒する動きが強まり、NYダウも上昇した後は上げ幅を縮めて終ると言う展開になりました。米長期金利の上昇を受けて円相場が114円台半ばまで円安が進み本日の日本市場も買い先行で始まって寄り付き直後には日経平均は24247円まで上昇。一段の円安が進行した事で日経平均は一段高になっても何らおかしくは無い状況ですが、現実は寄り高の後は売りに押されて上げ幅を縮め、10時半ごろにはマイナス圏に沈むと言う展開。ある程度の円安進行は既に織り込み済みと言う事なのかも知れません、又は米金利上昇によって米経済に悪影響が出る事を警戒しているのか?又は単に一旦調整局面に入った日本市場と言う事かも知れません。円安が進んでも今後本格化する主要企業の9月中間決算を確認するまでは楽観は出来ないと言う一面も有るのかもしれません。本来であれば、114円台半ばまで円安が進み、昨夜の米国株も上昇している状況では、日経平均も一段高になるのが自然の流れ、しかし目先の利食い売りに押されているのが現実、直近買われ過ぎた反動が出ているのかもしれません。このような少し慎重な見方を全て含んだ上での動きが機関投資家などの期初の益出しの動きです。上値に重さが出て来たので一旦利益確定を進めている、それも買いが入るような環境で売りを進めていると言う状況です。しかし機関投資家の益出しの売りも一過性の事です、益出しの売りが一巡すれば次は買いに転じる事になりますので、一時的な上値の重さもさほど気にする事は有りません。又、過熱感を抱え、決算発表も控えて、利食いに押され易いのは主に東証1部の主力系の銘柄です。出遅れ銘柄や2部銘柄、新興市場銘柄に関してはさほど過熱感も無く、9月中間決算の発表が始まるまでの繋ぎとして、物色資金が向かう可能性も大いに有ります。当面は既に買い推奨をしている銘柄に安値が有れば買いゾーンとした水準で順次買いを実行して行くのみです。押し目買いで安値を仕込み、先々の上昇を待つ、その様なスタンスで対応して行けば何も問題は有りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る