週トレ短期売買(6月24日情報)

イラスト

【ご利用して頂いている皆様へ】

当面は無料コーナーとして運営しますので多くの方にご利用して頂ければと考えています。無料コーナーと言えども有料情報と同じような意識を持って日々のコメントを提供して行きます、投資情報を提供する責任の重さは有料・無料に関係は有りません。「週トレ短期売買」コーナーも、今後日々更新を続けて行く中でより進化・発展させて行くつもりです。

本日6/22(月)から推奨銘柄も買いゾーン、利食い目処、損切りなど詳細コメントを明記してお出しして行きます。毎日推奨銘柄は有りませんが、売買の参考にして頂ければと思います。

 

【週トレ短期売買】

【今日の相場を振り返って】

6/24(水)日経平均株価は58円高の20868円で終了。買いの勢いは今日も続き、一気に2000年ITバブル時の高値20833円を更新、一時20952円まで上げ幅を広げて21000円に迫ったものの、さすがに上昇ピッチの速さが意識され、大引けにかけて利食いに押されて上げ幅を縮小して終了。しかし特段の売り材料も無く、売り手は高値での利食い、買い手は目先どこまで上昇出来るのかを確かめるように買っており、現状では買い方圧倒的有利な相場展開。

 

【明日の相場展望】

まずは日経平均と言う指数が上昇し主力銘柄が追随、その後上昇一服となれば次は出遅れている銘柄が買われ、2番手、3番手と出遅れ物色が広がって全体の底上げが進んで行く、当面の日本市場はこのような展開で進んで行くと思います。明日は21000円が上値目処として意識され、多少上値の重さも出て来ると思いますが、しかし基本的には上昇一服も買いの中休み、現状では新たな悪材料が出て来るまでは買い優勢の展開が続くと思います。

 

【今後1週間程度の相場展望】

一気に2000年ITバブル時の高値20833円を更新して来た日本市場、しかし短期的な株価上昇スピードの早さも意識されますので当面は強含みながらも21000円~20600円のゾーンでの値動きを想定しています。20600円は適度に調整安の動きが有った時の下値目処、上昇一服の後は適度に調整を進めて、調整完了後には再上昇で21000円台を回復する、大局的に見れば21000円も一つの通過点。

 

【投資アドバイスと注目銘柄】

依然買い優勢の日本市場、明日以降も新たな悪材料でも出て来ない限りは買い意欲旺盛な展開が続くと思います。主力銘柄は徐々に買い一巡感が出て来ますので、次は好業績出遅れ銘柄への循環物色が出て来る事を想定した投資がベター。

 

本日の買い推奨銘柄は3401帝人(本日終値494円)、炭素繊維では世界2位、医薬品、樹脂、IT分野にも展開。アラミド繊維分野はタイヤ向けなどの自動車関連、光ファイバーや石油採掘用ケーブル・ホースなどはインフラ関連、炭素繊維は航空機向け、IPS細胞関連の研究投資、蚊よけ繊維の開発など物色人気を集めやすい材料も有り、業績も好調。目先480円~470円が下値支持帯になりますので480円台で押し目買いを狙いたいと思います。利食い目処は530円台、但し6/10安値452円を切った場合はリスク管理上損切り実行で仕切り直し。

 

投資期間は、約定から1週間程度で利食いを目指す短期投資になります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る