出島先物ワールド(9月27日推奨)

日経先物180927

寄り前情報
昨年の米国市場は下落しました。ダウは3日続落です。FOMCでは市場予想通り政策金利が引き上げられ、その結果を受けて下落した格好です。昨日の日本市場はギャップアップして上昇し24000円台を回復しました。しかしこれ以上は今の段階では無理があり、本日が変化日という事を考えれば一旦調整に入る可能性が高いと思います。
そのような前提で本日は、24030円(昨日の高値)以下で推移し下に方向性を出せば売りで良いと思います。後は恣意的な買い等に注意を払っておけば良いでしょう。
押し目買いに徹した方が良いと思いますので、調整がないようであれば買いは考えない方が良いと思います。

基本トレード  リスクトレード 
価格帯 本日の中心レンジ 2350024030
売買ポイント 売ポイント 2398024030 ロスットカ 24060
買ポイント なし

大引け情報
本日は23900円で寄り付き、23890円を安値に一旦上値を試しました。24030円(昨日の高値)を抜いて24090円まで上値を伸ばしましたがそこまででした。後場に入って崩れて前場の安値を割り込みました。そして昨日の安値も割り込み23770円まで下落して引けは23830円でした。
米国市場の下落を受けて安く始まりましたが、恣意的な買い等が入り前場は上昇しました。メディア等では日本市場の強さを囃すコメントが多く聞かれました。しかし一転して後場から崩れると、特段材料はなく下落理由が分からないというコメントが相次ぎ最終的には利益確定売りという解説でした。後講釈にしても酷過ぎます。終わった相場の変動理由はともかく、今日に関しては買い目線で見ないというのがポイントでした。24040円以上をどこの誰が、何の目的で買ったかはさておき、寄り付き前にも書きましたように調整なしに上がる相場は買えないと見ておけば分かり易かったと思います。変化日ですので調整に入る可能性が高いと考えれば、日足も陰線を引く可能性が高いという事になります。結局今年は昨年のような連騰にはなりませんでした。やはり調整なしに上がれる程日本市場は強くはありません。今日の展開を見るまでもなく、高値に飛び付いて買えばリスクが高くなるだけです。むしろここでしっかりと調整出来れば買える相場になると思った方が良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る