リアルタイムサービス(8月30日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は21円高の22869円で終了。今日は昨夜の米国株高を好感して日本市場も買い先行で始まり、日経平均株価も23020円で寄り付いてその後23032円まで上昇。今日も23000円台回復にチャレンジする展開になりましたが、やはり23000円を超えると戻り売りが強まり、加えて中国株が下げて始まると先物に売りが強まって日経平均も一時マイナス圏まで売り込まれました。しかしそれ以上に売り込む動きは無く、マイナス圏に沈んだ後は買い戻しでプラス圏に浮上、しかし再度上値を買う動きにはならず、膠着した展開で推移しそのまま大引けを迎えると言う終わり方になりました。結局終って見れば21円高で日経平均は8日続伸となりましたが、連日の23000円チャレンジに失敗し、押し戻されると言う展開が続き、8日続伸と言う強さよりも上値の重さの方が印象に残ると言う展開です。しかし上値の重さは有るものの、一段高を伺う強さも有る相場で、仮にこれだけ23000円付近で売りに押されると、この先23000円を一気に超えて来た時には売り方の買い戻しのエネルギーも大きくなり、一段高になる可能性も有ります。逆に、何度も23000円にチャレンジして、それでも超える事が出来なかった時には、今の買い方も一気に投げると言う動きが出易く、そうなると思わぬ大きな下げになると言う事も有ります。この先どのような材料が出て来るのか?円相場はこの先どちらに振れるのか?23000円を巡る売り方と買い方の攻防がいつ均衡が崩れるのか?今はがっぷり四つに売りと買いがぶつかっている状況ですが、均衡が崩れるキッカケとなる材料が出て来た時には、上下どちらにも大きく動くと言う展開も有り得ます。しかし仮に上下どちらかに大きく振れる動きが有ったとしても大局的に見れば一過性の動きになると思います。米中貿易戦争が続く間は上下に振れても限定的、現時点で新規の投資を考えるとしたらやはりカラ売り狙いが妥当な判断だと思います。明日以降、待ち伏せスタンスで7270SUBARU(本日終値3312円)のカラ売りを狙いたいと思います。車名ブランド「スバル」を手掛け、4駆車や安全技術に強みを持つ同社ですが、収益の柱である米国で原価低減進まず、販売奨励金などのコストも上昇、円高による悪影響も加わり2019年3月期業績見通しは減収減益。2017年3月期以降、3期連続で減益に、業績に連動するように同社株価も17年初以降は下落基調が続いています、同社の収益の柱である米国市場の現状は、FRBの利上げが続き、住宅や自動車など高額品の販売が徐々に悪化している状況。この先も利上げが続く見通しで有る事を考えると、同社業績も一段と悪化する可能性が大、加えてトランプ政権が日本車への追加関税を課す可能性も有り、同社株に対する投資スタンスとしてはもう一段の上昇が有ればカラ売り狙いが良いと思います。テクニカル的には3400円~3500円のゾーンが上値抵抗帯になりますので、この先3400円以上が有ればカラ売りを実行したいと思います。当面は直近安値水準の3100円付近が下値目処になりますので利食い目処は3100円接近時、但し3600円を超えた場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る