日経225先物プロライブ(8月24日号)

2018.8.24

昨日のアメリカ株式市場は、反落。 

ジャクソン・ホールでのパウエルFRB議長の講演を控え… 様子見ムードが強い中、
米中関税第二弾の発動が重荷となりました。 

為替市場では、9月FOMCでの利上げ観測や
FRB議長講演が利上げ可能性を後押しする内容になるとの
期待から、ドルが全面高。

ドル円は、《110.80〜90》程度のレンジでの揉み合いから
ドル買いの勢いがつき、《111.30》付近まで上昇後、
再び揉み合いとなりました。

それらの動きを受けた日経225先物は、《円安・ドル高》の影響が
《アメリカ株安》の影響を勝ったことを受けて、
《22500円》付近での引けとなっています。 

ナイトセッションでは堅調推移となったものの、一段と買い上がるには、
何らかのイベント通過が必要なのではと考えています

本日の予想レンジ 22350円~22600円

貿易交渉がらみのニュースがあった場合、値幅が大きくなる可能性がありますが、
そのような新規材料がなかった場合は
《22400円〜22550円》程度のレンジを想定しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2023年2月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る