日経225先物プロライブ(8月23日号)

2018.8.23

昨日のアメリカ株式市場は、まちまち。

米中通商交渉の行方を見守る姿勢が一段と強まり…資本材などが下落する一方、
ハイテク株は上昇するなど、まちまちな動きとなる中、
S&P500は前日比終値付近で小動きとなりました。

為替市場では、総じて小動きとなる中、小幅な円安方向に。
ドル円は、《110,50》をやや上回る水準で揉み合っています。

それらの動きを受けた日経225先物は、売り買いが交錯し、
《22300〜400円台》を行き来する展開となりましたが、
買いの勢いが増す時間帯があるなど、やや強めの動きとなっています。

引き続き、積極的な売買は期待しづらいものの、全体のポジション的に、
やや強めの値動きとなりやすいのかもしれません。

本日の予想レンジ 22320円~22550円

米中通商交渉の今後の展開が明白になるまでは、
様子を見守る投資家が多いと思われますが、ポジション調整主体の間は、
やや強めの水準で揉み合いやすいのではないかと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2023年2月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る