出島式投資ワールド(8月16日推奨銘柄)

20180816

(6371)椿本チエイン
四季報によると、マテハン事業は国内続伸、不調だった米国と欧州ともに回復し牽引。自動車部品や精機は液晶や半導体向け堅調で国内外工場の償却増こなす。会社計画は米国M&Aを織り込まず表記程度に上振れ。20年度売上3000億円目標に売上約260億円の米マテハン会社と子会社5社を全持分取得。鋳物事業子会社で不適切な完成検査発覚、再発防止へ体制整備。

7月27日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+4.9%の217億円、経常利益+0.7%の219億円の増収・増益の見通し。
2012年10月15日の375円を安値に、11月中旬からのアベノミクス相場にサポートされて上昇トレンド(A)を形成し、この中で2015年6月4日の1250円でピークとなりました。ここから下降トレンド(B)へ転換し、この中で2016年2月12日の590円で底打ちし、反発となって下降トレンド(B)を上にぬけて5月31日の818円まで上昇。ここから7月8日の601円まで下落し2点底の形となりました。ここから12月21日の1005円まで上昇し、2017年2月7日の875円まで押し目を入れ、7月12日の1033円まで反発後、下向きの先細三角形の形となりました。この先細三角形の中で今年の3月26日の821円まで下げ、6月1日の834円で2点底となって上放れし、7月31日に1059円の高値更新となりました。7月27日の決算発表もあって目先材料出尽くしとなって8月13日に936円まで押し目となっています。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①930~950円
②890~920円
①の場合
・1030~1060円
・1050~1100円
②まで下げると1000~1030円
チャート上は3月26日の821円を終値で切ると損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
8/16(木)日経平均株価は▼12円の22192円で終了。昨夜の米国株の下落、円高進行、トルコ懸念に米中貿易戦争懸念など、今日もリスク回避の売りが強まり寄り付き直後には21871円まで下げ幅を拡大。しかし10時半頃に中国の商務次官が米国との通商協議の為に8月末に訪米すると発表されると日経平均も急反発、買戻しが強まり一気にプラス圏に浮上、一段高とはなりませんでしたが小幅安で終わり、今後投機筋の売り仕掛けがし難い展開になりました。不安定に乱高下をしている日経平均ですが、市場参加者が少ない今週一杯は依然不安定な値動きが想定されます。何か材料が出れば上下共に大きく振れ易い不安定な状況、無理をして売買に参加する必要はないと思いますが、好業績銘柄の安値買い狙いと言うスタンスなら特に問題は無いと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る