出島式投資ワールド(8月13日推奨銘柄)

20180813

(6089)ウィルグループ
四季報によると、前期のM&Aが通期寄与、年商約90億円上乗せ。取引先企業の人手不足感強く、柱のセールス派遣続伸。製造業派遣快走。ただ営業拠点拡大に伴う先行費用増。システム投資もかさむ。営業増益率鈍化。3月から5月にかけ、介護8拠点に加え、営業拠点も一気に15新設。製造業派遣は得意の食品メーカー向けから非食品へも展開。シニア層や外国人採用を強化。

8月7日発表時点。2019年3月期本決算予想は、2018年3月期比で営業利益+7.6%の26億円、経常利益+6.7%の26億円の5期連続の増収・増益の見通し。サービス:セールスOS、コールセンターOS、ファクトリーOS、介護。
2015年6月~2016年12月までの安値圏での345~609円のボックス相場の中で、2016年8月9日の390円(分割前781円)を安値に上昇トレンド(B)を形成し、ボックスを上放れしました。この上昇トレンド(B)の中で、今年の2月2日に2139円のピークをつけ、下降トレンド(C)へ転換しました。この中で7月5日の972円まで下げて反発し、7月10日に1088円で買転換となって7月27日に1218円まで上昇するものの反落となっています。8月7日の決算発表は通期は据え置きとなっています。

売買ゾーン 利食いゾーン 損切り
①970~1010円
②900~950円
①の場合1200~1230円
②まで下げると1100~1150円
チャート上は900円を終値で切るといったん損切り
テクニカルワールドによる全体相場見通し
8/13(月)日経平均株価は▼440円の21857円で終了。トランプ大統領がトルコに対して鉄鋼とアルミニウムの関税を2倍に引き上げるとツイッターで投稿、それに対抗してトルコのエルドアン大統領はドル、ユーロ、金をトルコリラに転換するよう国民に呼びかけ、米・トルコの対立激化でトルコリラが急落、他の新興国通貨にも売りが広がり今日の日本市場も円高が進み日経平均は大きく下落。今週はお盆休みで市場参加者も少なく、何か材料が出れば上下共に大きく振れ易い不安定な状況、無理をして売買に参加する必要はないと思いますが、もう一段大きく下げるよな場面が有れば、好業績銘柄の安値を拾い、反発を待つと言う対応が良いと思います。
一言メッセージ
■■ 今週は、お盆を控え薄商いの中をトルコリラの急落の影響を受け、下値模索の展開へ ■■

<先週は、アメリカ株式にあわせて22300~22800円のレンジの上から下までの動きへ>
先週の予測では、今週も前週に引き続き、22300~22800円のレンジの中でのもみあいになるとしました。上値は、すでに23000円のフシに3回チャレンジして跳ね返されているので戻りを試す場面があっても上値は限定的であるとしました。 日本はお盆休み入っていくことや、アメリカは夏季休暇で多くの投資家がいったんポジションを手仕舞う動きがでてくるので相場全体の活気はなくなってくる可能性があるとしました。 日経平均の動きは、アメリカ株式と為替に影響されて、高値は8日(水)の22800円、安値は10日(金)の22272円と想定していた22300~22800円のレンジの上限から下限までピッタリの動きとなりました。さらに、週末の▼300円の22298円の終値で、25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線を一気に下にぬけていますので、早い段階で22300~22800円のレンジの中の22500円水準に戻らなければ、いったんレンジの下放れのような形になってきます。

8月6日(月)は、前週末のアメリカ株高を受けて△10円の22536円で寄り付き、買い先行するも上海株式への警戒感もあって、一時マイナスとなるものの、前場は△110円の22635円まで上昇して前引けは△101円の22626円でした。しかし、後場になると上海株式が軟調となると上値重くなり、上げ幅を縮小し▼17円の22507円で引けました。 7日(火)は、前日のアメリカ株高と中国人民元の対ドル基準値が元高・ドル安に設定され、上海株式が上昇したことで一時△159円の22666円まで上昇し、終値は△155円の22662円となりました。 8日(水)は、前日の欧米株高を受けて買い先行で始まり、後場、早々には一時△137円の22800円まで上昇しました。しかし、円相場が強含むと先物に売りが出てマイナス圏に入り、終値は▼18円の22644円でした。相場へのサポートが期待されている決算はマチマチで上方修正は少なく、通期据え置きのパターンが多く、相場を押し上げるまでにはいたりませんでした。 9日(木)は、前日のアメリカで米中貿易問題への長期化への懸念が高まって、ドルが110円台後半まで売られたことで、日経平均は▼52円の22591円で寄り付き、一時▼146円の22497円まで売られ、終値は▼45円の22598円でした。 10日(金)は、寄り前発表の国内GDPは市場予想を上回りましたが、△8円の22606円で寄り付いたあとは、すぐに下げに転じ、一時▼158円の22439円まで下落して下げ渋り、前引けは▼104円の22494円でした。 後場になると円高・ドル安と軟化していたことで▼120円の22477円で寄り付きましたが、円高・ユーロ安をきっかけに先物売りが拡大し、一時▼325円の22272円まで下げ、大引けは▼300円の22298円の安値引けとなりました。
9日の日米貿易協議の初会合は合意できず、気になるのは25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線を一気に下回って引けたことです。早い段階で22500円水準を回復しないと、22300~22800円のレンジを下放れする可能性があります。 8月限SQ値は22655円でしたので、終値が22298円と大きく下回って引けていますので、戻りを試す場合には22655円も上値のフシとなってきます。

10日(金)のアメリカ市場は、米中貿易摩擦の激化が高まる中、トランプ大統領のトルコからの鉄鋼とアルミニュウムにかける関税を2倍に引き上げるとしたことで、トルコリラが急落し、それにつれてトルコの債権額が大きい欧州金融機関の株が大きく下落。アメリカ株式も連動して3指標そろって下落(NYダウは▼196ドルの25313ドル)となりました。為替は1ドル=110円台後半の円高となり、シカゴの日経先物は▼120円の22180円で引けました。

<今週は、お盆を控え薄商いの中をトルコリラの急落の影響を受け、下値模索の展開へ>
今週は、先週末にトランプ大統領がトルコからの鉄鋼、アルミニウムにかける関税を2倍に引き上げるとしたことで、トルコリラが急落し、トルコへの債権が多いドイツ銀行などヨーロッパの一部の金融株が急落し、欧州金融株全体に及び欧米株安となったことで、日経平均も追随して始まると思われます。すでに、シカゴの日経先物が▼120円の22180円で引けており、心理的フシ目である22000円を切ると次は7月11日の安値21744円が1つの目安になってきます。

今週は、米中貿易摩擦が激している中でのリラ急落、欧米株安、リスク回避の円買いとなってきますので、まずは、どこで下値を確認するのか様子をみる必要があります。当面の底が確認できれば日米の企業業績は好調ですので相場は戻りを試すことになります。但し、11月の米国の中間選挙まではトランプ大統領による保護主義的な通商政策が続くと思われますので、安いところで買った場合、早い利食いが必要だと思われます。

本日は、予想通りトルコリラの急落からの警戒感を背景に欧米株式の下落、リスク回避の円高を受け先物主導で売り先行となり、中国・上海株式の下落もあって下げ幅を拡大し、一時▼446円の21851円まで下落し、終値は▼440円の21857円でした。直近のザラ場の安値7月11日の21744円近辺まで下げてきました。ここを切ると次の下値ポイントは柴田罫線では21546円となります。

指標分析

日経平均08-13

 先週の予測では、米中貿易摩擦の再燃が懸念される中、10日には4-6月期決算の発表がピークを迎え、又、4-6月期GDPの速報値の発表もあり、内容によっては22300~22800円の中で戻りを試す場面が考えられるとしました。9日から日米の貿易協議がワシントンで開かれ注目されるところしました。

結果的には、8月7日(火)にはアメリカ株式の堅調さを受け△155円の22662円をつけ、8月8日(水)にはアメリカの3指標続伸を受け、一時レンジの上限の22800円まで上昇して、▼18円の22644円で引けました。8月9日(木)は▼45円と続落し、8月10日(金)はドル安・円高の中で、円高・ユーロ安をきっかに先物主導で売られ▼300円の22298円で引けました。想定していたレンジである22300~22800円の上から下まで、きっちり動いた形となりました。

今週は、先週末にトルコリラの急落から、欧米株式の下落、日本株も下落となって日経平均は25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線を下にぬけ、22300~22800円としてレンジ内の最下限を▼300円の22298円とわずかにレンジを下放れしました。シカゴ先物が▼120円の22180円で終わっていますので、下値模索の展開となりそうです。米中の貿易摩擦の激化の中で、トルコリラの急落から目先、世界的な金融不安が生じていますので、まずは22000円の下値の心理的フシ、次には5月30日の21931円を守れるかどうかとなります。その下は21800円水準にフシがあります。多くの投資家が夏休み入りを前に持ち高調整が活発化すれば予想外の下げもでてきます。そこは買い場になるでしょう。

NYダウ08-13

 先週の予測では、米中の貿易摩擦が警戒感を強める中、好決算銘柄が相場をサポートするものの、夏季休暇に入ってくるため、いったんポジションを手仕舞う動きもでてくため上値は限限定的となるとしました。

結果的には、週前半の6日(月)、7日(火)は、主要企業の好決算で3指標そろって続伸するものの、週半ばには米中貿易戦争激化懸念でNYダウは反落し、週末の10日(金)にはトランプ大統領のトルコからの鉄鋼、アルミニュウムにかける関税を2倍に引き上げるとしたことでトルコリラが急落し、さらにトルコへの債権の多いドイツ銀行など欧州金融機関が大きく売られ、それに追随してNYダウは▼196ドルの25313ドルの大幅下落となりました。8月7日には25692ドルまで上昇しましたが、週末は25222ドルまで下げて25313ドルで引けました。

今週は、基本的には夏季休暇に入る投資家や市場関係者も多く、閑散取引の中でトランプ大統領のトルコへの輸入関税(鉄鋼、アルミニュウム)の2倍引き上げ方針から、ヨーロッパの金融機関への悪影響から金融市場が混乱しており、米中貿易の激化も絡んで目先は下値を試す動きも想定されます。

為替08-13

先週の予測では、FOMCの声明文では米国の経済の力強さが強調され、FRBによる追加利上げが9月と12月に実施される見方が広がっていることで、110~113円のレンジの中でドルはしっかりした動きを想定しました。

週始めは、米雇用統計の堅調さからFRBの利上げ方針の継続が確認され、ドル買い優性で111.53円まで買われました。その後は米中貿易摩擦の再燃と、トルコリラの急落を受けリスク回避の円買いとなって110.51円まで円が買われ110.93円で引けました。

今週も引き続き、米中貿易摩擦の激化が継続し、トルコリラの急落で欧州の一部の銀行も急落し、リスク回避の円高が高まるものと思われますが、一方でFRBによる9月、12月の追加利上げ方針がドル買いを支えることになり、又、日米の貿易協議は9月の日米首脳会議に先送りされたので結局もみあいとなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2023年2月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
ページ上部へ戻る