出島テクニカルワールド(8月3日推奨銘柄 )

0803s

↑(週足)

 

 

 

0803h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/3(金)日経平均株価は△12円の22525円で終了。今夜は米7月雇用統計の発表が控えており、米中貿易戦争激化への警戒も継続中、昨日大きく下げた反動で今日は小高く始まりましたが、買戻しが一巡すると戻り売りに押されて上げ幅を縮小、週末と言う事も有って個別物色も手仕舞い売りが優勢と言う展開です。テクニカル的見方では依然23000円~22200円のゾーン内での値動きで、米中通商交渉も一筋縄では行かず、大局的な見方としてはもう暫くはボックス相場的な値動きが続くと見ておく方が賢明。しかし内需系のテーマ性を持つ好業績銘柄に関しては下げ過ぎ場面などが有れば買い有利、銘柄重視で対応して行くならさほど警戒する事も無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値314円】

(東1)KIMOTO(7908)  化学  100株
過去にも何度か推奨して来た銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。同社はスマホ、デジタル家電のタッチパネル用ハードコートフィルムの最大手企業、地理情報関連事業も手がけ、IoT向けの特殊フィルムの高付加価値製品を手掛けている事からIoT関連の一面も持ちます。更に車載センサー用にJCU、島津製作所、関東学院大と電磁波透過膜の成膜技術を開発、自動車業界向けに新たな収益源に育つ可能性も有ります。7/23には100万株、総額4億円を上限とする自社株買いを発表、7/25の四半期決算発表も前年同期比で大幅増益を達成し足元の業績好調を背景に8/2には338円まで上昇。再度米中貿易戦争への懸念が高まり株式市場にもやや不透明感が強まっていますが、同社1株純資産392円、業績好調、IoT関連のテーマ性、などを考えれば下振れする場面が有れば突っ込み買いを狙いたいと思います。テクニカル的にはまずは300円前後が下値支持帯になり、もう一段の下振れが有れば280円台が次の下値支持帯、買えれば儲け物的発想で安値を待ち伏せし、300円前後と280円台で安値買いを狙いたいと思います。安値無く買えなければ又次の機会を待てば良いと思います。当面の上値目処は350円付近になりますので利食い目処は350円接近時、但し7/6安値269円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、IoT関連
【第1買いポイント】  300円前後
【第2買いポイント】  280円台
【売り値目標】  350円接近
【損切り設定】 269円を切れば損切り

 

スマホ、デジタル家電のタッチパネル用ハードコートフィルム最大手。地理情報関連事業も併営。液晶やセラミックコンデンサー製造用に好採算の工程用保護フィルムが伸長。工場増設の減価償却費こなし大幅営業増益。米国工場に前期設置の80cm幅フィルムコーターが順調稼働。今期中に1ライン増設を検討。建設向け3Dデータ加工事業は、今期倍増の売上8億円狙う。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
07/27
1部
7261
マツダ
8/3終値1333円、カラ売りで推奨、推奨時利食い目処には届きませんが、今は小さな利益でも小刻みに取って行く方が良いと思います、週明けは手堅く利食い実行。
07/12
1部
6701
NEC
8/3終値3015円、カラ売りで推奨、推奨時利食い目処には届きませんが、今は小さな利益でも小刻みに取って行く方が良いと思います、週明けは手堅く利食い実行。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る