出島テクニカルワールド(8月1日推奨銘柄 )

0801s

↑(週足)

 

 

 

 

0801h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/1(水)日経平均株価は△192円の22746円で終了。米中通商交渉再開との報道を受けて昨夜の米国株が上昇、円相場も112円台まで円安が進み、本日の日経平均も買い先行で始まり上げ幅を拡大。しかしテクニカル的見方では依然23000円~22200円のゾーン内での値動き、今日の上昇で特に強気に傾くと言う状況では有りません。今夜は米FOMCが有り、今週末には米7月雇用統計の発表も有ります、米中通商交渉も一筋縄では行かず、大局的な見方としてはもう暫くはボックス相場的な値動きが続くと見ておく方が賢明。しかし日銀金融政策決定会合を通過し、米中菜は試合も再開しますので、相場の地合いは少し好転、引き続き銘柄重視の対応で臨めば特に警戒する必要は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値237円】

(JQ)アルバイトタイムス(2341)  サービス  100株
同社は無料求人情報誌「DOMO」を発行、静岡県が地盤ですが、昨年の7月から首都圏でも人材紹介事業を開始。日本では人手不足感が強まっており企業の求人需要は拡大基調、政府が6/5に公表した骨太方針案では、外国人労働者の受け入れ拡大が盛り込まれ、同社は外国人採用支援サービスを展開している事から関連銘柄としての注目も高まっています。7/10に発表された第1四半期決算発表は、前年同期比で増収、2ケタの増益を達成し足元の業績は好調に推移、通期見通しも増収増益、テクニカル的にも7/19に一時259円まで上昇した後の調整も進み、押し目買いを狙いたい局面となります。テクニカル的にはまずは230円台が下値支持帯、もう一段の安値が有れば220円台が下値支持帯になりますので、230円台と220円台を買い下がると言う想定で押し目買いを実行したいと思います。当面の上値目処は270円付近になりますので利食い目処は270円接近時、但し200円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。6月にも買い推奨をした銘柄ですが、再度の吹き上げを狙い押し目買い狙いで臨みたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 外国人労働者受け入れ拡大関連
【第1買いポイント】  230円台
【第2買いポイント】  220円台
【売り値目標】  270円接近
【損切り設定】 200円を切れば損切り

 

無料求人情報誌『DOMO』発行。発祥の静岡県内では3版発行し、シェア高い。19年2月期は地盤静岡の主力誌が価格競争激化響き苦戦。が、正社員向けのサイトや人材紹介は底堅い。16年秋エリア拡大した愛知県ではリーフ等の3点セット軸に順調増。先行投資一巡、営業益上向く。介護や運輸等の需給逼迫分野に絞ったリーフ特別号定着。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る