出島テクニカルワールド(6月13日推奨銘柄 )

0613s

↑(週足)

 

 

 

 

0613h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/13(水)日経平均株価は△88円の22966円で終了。米FOMCを控えて昨夜の米国市場は膠着した展開になりましたが、本日の日経平均は円安進行を好感して上昇、今夜の米FOMCを控えて23000円回復はお預けとなりましたが、今夜の米FOMCを無難に通過すれば明日は日経平均23000円回復が実現しそうです。しかし米FOMCがハト派的な内容になれば円高に振れる事になり、日経平均も急反落の可能性は有ります、上下どちらに振れるかは若干不透明感有りと言う感じです。投資スタンスとしては引き続き銘柄重視で、好業績、下値不安の少ない銘柄で吹き上げの可能性を持つような銘柄を中心に買いを考えるのがベターと言う投資環境です。

 

 
【銘柄情報】【本日終値507円】

(JQ)Mipox(5381)  ガラス・土石  100株
同社は微細表面加工の液体研磨剤大手で、光ファイバー向け研磨フィルムも手掛けています。5G(第5世代移動通信システム)関連銘柄への注目が高まっている株式市場ですが、5Gへの移行には当然光ファイバーのの更新も不可欠、そう言う意味では同社株も5G関連の一面を持ちます。今期は買収した日本研紙が通期で業績に寄与し既存事業も好調持続、2019年3月期も増収増益が見込まれ、同社株価も1月に917円まで上昇した後の調整局面も終盤。テクニカル的には、24ヶ月移動平均線が480円台に位置し、昨年8/18日足チャート上のマド埋めが444円、テクニカル的に見れば480円~450円付近が当面の下値目処となりますので、この先もう一段の安値が有ればまずは480円台で買いを実行、更に安値が有れば450円台で買い増しを実行したいと思います。買えるかどうかは解りませんが、買えれば儲け物的発想で安値買いを狙いたいと思います。安値無く買えなければ叉次の機会を待てば良いと思います。当面は600円付近が上値目処になりますので利食い目処は600円接近時、但し430円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】安値待ち
【ポイント】 業績好調、5G関連
【第1買いポイント】  480円台
【第2買いポイント】  450円台
【売り値目標】  600円接近
【損切り設定】 430円を切れば損切り

 

微細表面加工の液体研磨剤大手。光ファイバー向け研磨フィルムも。買収で一般研磨剤にも進出。日本研紙が通期寄与。光ファイバー用研磨フィルムが伸長。好採算の受託事業も貢献。19年3月期は光ファイバー向けが順調増。日本研紙の研磨製品も堅調。受託事業も継続見込みで利益続伸。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る