リアルタイムサービス(5月31日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は93円高の22112円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に急反発、イタリアの10年物国債の利回りが低下した事から、一旦懸念が後退して米株式市場も買戻しが優勢に。加えて産油国による協調減産が年内は続くとの見方が広がり原油先物相場が急反発、石油関連株が買われた事もNYダウの押し上げ要因に。イタリアやスペインを巡る警戒ムードは有るものの、一旦過度な警戒が後退したと言う状況。この先も欧州情勢に一喜一憂する展開が続くと思いますが、当面は状況の推移を見守ると言う感じになりそうです。今日の日本市場では、円相場は108円台半ばでの推移で一旦円高が一服していると言う展開です、この先もう一段円高に振れるのか?又は円高も一服して一旦円安方向に振れるのか?まだ何とも言えない状況ですので、今後の欧州情勢の動向が円相場を決めると言う意味ではもう暫くは状況も不透明です。日本市場の現状としては5/21高値の23050円から約1000円程度下落し、75日・200日移動平均線が位置している水準に近づいていますのでテクニカル面から見ればぼちぼち下げ止まりは近いと言う状況です。もちろん、新たな悪材料などが出て来れば、一時的には売られ過ぎ状態となって、下げ過ぎると言う場面も無いとは言い切れませんが、その様な可能性は100%の中の5%程度です。現実的にはその様な展開を想定しても余り意味は無く、仮にその様な展開が有れば安値買いを実行する、そう考えていれば問題は有りません。起きる可能性はゼロでは無いものの、限りなく少ない、その様な事に対しては、起きた時にどう対応するかを決めていればそれで良いと思います。欧州情勢や米朝首脳会談、米中通商交渉など、先行き不透明な要因は有りますが、日経平均株価にとって最も株価を左右するのはやはり円相場です。4月以降は日経平均の値動きと円相場の値動きは綺麗に連動しており、円安が進むと株高に、逆に円高が進むと株安になっています。この先もその様な連動性は変わる事は無く、日経平均の今後の値動きを予測する上では円相場の値動きを予測する事が非常に重要になります。余程想定外の事が無い限りは円相場の当面の高値は108円前後、一時的に107円台は有るかもしれませんが、テクニカル面から見ればぼちぼち円高の動きも一巡は近いと思います。欧州情勢、米朝首脳会談、米中通商交渉、これらの懸念要因に1つでも何か楽観的な動きが出て来た時が円相場が円安へと振れるキッカケになるのではないかと思います。あと数日は状況の推移を見守ると言う展開になると思いますが、弱気にならず、じっくりと相場状況の好転を待つと言うスタンスで良いと思います。今日も無理に買い出動を考える必要は有りません、後場の対応は保有銘柄の値動きを見守るだけで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る