リアルタイムサービス(5月22日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は42円安の22960円で終了。昨夜の米国株上昇を受けて今日の日本市場も小幅高でスタートしましたが、円相場が円高に振れていた為に買い一巡後は売りに押されてマイナス圏に。しかし22900円台では底堅く推移し、日経平均は反落したものの下げ幅は小幅、手掛かり材料不足の中で目先の利食いを吸収していると言う感じの展開です。テクニカル的には上昇トレンドが続いている日経平均に変わりは無く、基本的には個別物色旺盛な投資家心理も変わりは有りません。日々物色に強弱は付き物ですが、引き続き保有銘柄の上昇を待ちつつ、好業績割安銘柄や市場人気の高いテーマ性を持つ銘柄を中心に押し目買いを狙って行くと言うスタンスで問題は有りません。日本市場の現状としては、23000円を回復した事で一旦目先の目標達成感も出ています、又、注目された米中通商交渉も第1幕は無難に終わりこちらも材料出尽くし感が意識されます。テクニカル的には上昇トレンド継続中ですが、日々上げ下げを繰り返しながら緩やかな上昇基調が続く、その様な見方が妥当です。好決算を発表後に急騰したような銘柄もぼちぼち一旦調整局面を迎えています、明日はその様な銘柄の中から東証1部6815ユニデンHD(本日終値353円)の押し目買いを狙いたいと思います。ドライブレコーダー、CB無線機器、コードレス電話などを手掛けている同社ですが、北米でドライブレコーダー、CB無線機器が好調、国内車載モニターも好調で不動産事業も着実に収益に貢献。5/14大引け後に2018年3月期決算と2019年3月期の業績見通しを発表しましたが、共に良好な内容に、特に今期業績見通しは売上高、営業利益見通し共に倍増する勢いで1株利益も45円に急増。同社1株純資産は500円程度、海外売上比率の高い同社ですが想定為替レートは105円と保守的、業績の急拡大を背景に、目先の調整が一巡すれば400円付近を目指す展開が期待出来ると思います。明日は多少の下振れは許容範囲と考えて340円台で押し目買いを狙いたいと思います、買えれば儲け物的対応で待ち伏せするならこの先330円台が有れば買いとなります。当面は400円付近が上値目処になりますので利食い目処は400円接近時、但し300円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績、低PER・PBR、円安メリット銘柄として押し目買いで臨みたい銘柄となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る