出島テクニカルワールド(5月16日推奨銘柄 )

0516s

↑(週足)

 

 

 

0516h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/16(水)日経平均株価は▼100円の22717円で終了。円相場が110円台を回復したものの、米長期金利の上昇懸念と米韓合同軍事演習を理由に南北閣僚級会談の中止を表明し、米朝首脳会談の中止も示唆するなど、北朝鮮情勢があらためて警戒され、今日は日経平均も続落。しかし5日・10日移動平均線を下値支持帯としての上昇基調に変化は無く、テクニカル的には日経平均の上昇トレンドは継続中、上げ下げの波は当然有りますが、23000円台回復に向けての動きが続いている状況に特に変化は有りません。投資スタンスも、引き続き全体よりも個別重視、好業績、テーマ性を持つような銘柄を中心に個別に対応して行けば特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値401円】

(東2)アピックヤマダ(6300)  機械  100株
同社は半導体後工程装置メーカーで樹脂封止成形装置の大手ですが、近年では先端機の開発・製造に軸足。電子部品組み立て装置は、スマホ用、車載用共に市場は拡大基調、2018年3月期業績は中国を中心にスマホの在庫調整が長引き、同社主力製品のウェハーレベル用コンプレッションモールド装置の受注が想定よりも下振れして増収ながらも減益となりましたが、2019年3月期業績見通しは大幅増益の見通しを発表。1月には半導体関連銘柄物色の流れに乗って一時695円まで上昇していた同社株でしたが、業績下方修正を受けて下落に転じ、4月には332円まで下落。そして5/14に今期の業績急回復が発表され、昨日は一時ストップ高となる448円まで急伸。買い一巡後は一旦押し戻される展開になっていますがテクニカル的には底値圏からの反発初動局面、もう一段の調整安が有れば押し目買いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には370円前後が目先の下値支持帯になりますが、同社株は100株単位で買えますので、390円台、380円台、370円台と安値が有れば少しずつ買い下がると言う買い方が良いと思います。当面は昨日高値水準の440円台が上値目処になりますので利食い目処は440円接近時、但し340円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。収益急回復見通しの半導体関連銘柄として押し目買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 収益急回復、半導体関連
【第1買いポイント】  390円台
【第2買いポイント】  370円台
【売り値目標】  440円接近
【損切り設定】 340円を切れば損切り

 

半導体後工程装置メーカー。樹脂封止成形装置で大手。近年は先端機の開発・製造に軸足。柱の組み立て装置は中国スマホ在庫調整によるずれ込み想定超、営業益下振れ。19年3月期は車載向け好調、スマホ用も上向き、利益回復。車載用コンデンサー実装装置は高速化製品投入。大型モジュール用封止装置は車載以外にも需要旺盛、顧客積極開拓。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
04/16
1部
9972
アルテック
5/16終値347円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で上昇を待ちたいと思います。利食い目処は400円接近に変更、損切りは318円割れで変わりは有りません。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る