出島テクニカルワールド(5月14日推奨銘柄 )

0514s

↑(週足)

 

 

 

0514h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
5/14(月)日経平均株価は△107円の22865円で終了。寄り付き直後は利食いが先行して小幅安で推移していましたが、次第に好業績銘柄を買う動きが強まり日経平均も上昇、武田薬品工業のシャイアー買収も大きな円売り要因との見方も有り、円相場に対する楽観的見方も株式市場には追い風に。日経平均は上昇トレンド継続中、23000円台回復に向けての動きが続いていると思います。投資スタンスも、引き続き好業績、テーマ性を持つような銘柄を中心に個別に対応して行けば特に問題は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値183円】

(東1)エンシュウ(6218)  機械  1000株
同社は自動車用工作機械とヤマハ発動機向け部品加工が主力ですが、レーザー加工機等も手掛け、トヨタと共同で開発したレーザー加工機をトヨタ自動車にも導入し特許も取得しています。工作機械が国内、中国で好調、輸送機器も国内外共に回復基調、工作機械の医療・航空機向け加工機など、新規展開も推進中。先週末に発表した決算では、2018年3月期は上振れ着地で増収増益、2019年3月期見通しも大幅増収増益見通しとなり、業績の急改善が好感されて本日同社株も大きく上昇。1月には224円まで上昇した同社株でしたがその後調整安が進み150円まで下落、しかし大局的に見れば依然上昇トレンドは継続中、今期好業績見通しを確認し再度上値チャレンジの展開が期待出来ますので押し目買い狙いで臨みたいと思います。テクニカル的には180円~170円のゾーンが目先の下値支持帯になりますのでまずは180円前後で買いを実行、仮に安値が有れば170円前後で買い増しを実行したいと思います。当面は210円付近が上値目処になりますので利食い目処は210円接近時、但し150円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。世界的に製造業の自動化投資は活発で工作機械の需要も過去最高水準、好業績見通しを受けて見直し買いの動きが期待出来る銘柄です。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 収益急拡大
【第1買いポイント】  180円前後
【第2買いポイント】  170円前後
【売り値目標】  210円接近
【損切り設定】 150円を切れば損切り

 

自動車用工作機械とヤマハ発動機向け部品加工が柱。レーザー加工機等も。丸紅と業務提携。工作機械は国内戻り歩調。海外は中国の好調牽引。輸送機器は国内足踏みもベトナム現法の生産増寄与。19年3月期は工作機械が国内受注の伸び続き拡大。海外は中国続伸、米国も高水準維持。輸送機器は国内上向く。増益。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/09
1部
5480
日本冶金工業
5/14終値351円、推奨時利食い目処に到達し利食い完了
05/08
ジャスダック
4847
インテリジェントウェイブ
5/14終値649円、待ち伏せ価格への下落無く利食い目処とした価格まで上昇、買い推奨は一旦取り消し、今後の値動きを見てあらためて買い推奨を考えます。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る