リアルタイムサービス(4月19日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は137円高の22296円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは小幅に下落して3日ぶりに反落となりましたが、ハイテク株が多いナスダック指数は小幅に上昇して3日続伸。高安まちまちの展開になりましたが相場の中身を見れば個別物色が中心、決算が悪かったIBMが売られてNYダウを同社1銘柄で83ドル押し下げ、ナスダック指数ではアマゾンなどが買われてナスダック指数を押し上げると言う展開に。ハイレベルの高官による話し合いが行われている事がわかった事も北朝鮮リスクが後退したと受け止められて株式市場の追い風に。昨夜は高安まちまちとなった米国市場ですが、相場の地合いは強含み、個別物色に関しても好材料が出た銘柄を買う動きは旺盛です。日米首脳会談の結果に楽観ムードが広がり、昨日一足先に上昇した日本市場でしたが、今日も買い先行の展開で日経平均は続伸、一時22360円まで上値を伸ばしています。さすがに一段高の後は目先の利食いに押されて上げ幅を縮小していますが、強含みの地合いに変化は無く、日本市場の現状としては2/27高値の日経平均22502円にチャレンジする流れが継続中。日米首脳会談が終わり、共同声明が発表されましたが、株式市場が警戒したような通商面でのハードな要求は無く、株式市場も買い安心感が強まると言う展開になっています。日本市場では来週から日本電産をスタートに主要企業の決算発表が本格化しますので、決算発表を控えている銘柄に関しては買い難い局面ですが、3月期決算では無い銘柄ならさほど警戒する必要も有りません。基本スタンスとしては保有銘柄の利食いを待ってから次の買い出動をしたいと考えていましたが、相場環境改善が続いており、例外的対応が有っても良いと思います。利食いしてから次の買い出動をするのか、先に買い出動をして、その後何かを利食いするのか、前後入れ替わるだけですので、今日の後場は買い出動をしたいと思います。4/3に買い推奨をして既に利食い済みの9972アルテック(前場終値375円)の買いを再度狙いたいと思います。同社は無人レジ導入の動きが広がる中でICタグ関連銘柄として物色人気を集めて来ました。4/13には438円まで上昇、しかしその後利食いに押されて反落、テクニカル的には360円台が下値支持帯になりますが、後場にまずは時価近辺の370円台で買いを実行し、その後安値が有れば350円台で買い増し実行と言う対応で臨みたいと思います。大局的には上昇トレンドは継続中、同社1株純資産は570円、11月期決算企業で決算発表を気にする必要は無く、調整一巡後の再上昇を想定して押し目買いで対応したいと思います。利食い目処は430円台、但し320円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る