出島テクニカルワールド(4月11日推奨銘柄 )

0411s

↑(週足)

 

 

 

0411h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/11(水)日経平均株価は▼107円の21687円で終了。昨夜の米国市場は習近平中国国家主席の演説を好感して大きく上昇しましたが、本日の日本市場は反落、日本市場は昨日既に習近平発言は織り込んでおり、今日は一旦好材料も出尽くしと言う展開に。又、緊迫化しているシリア情勢への警戒もあり、一旦ポジションを解消する動きが優勢、しかしシリア情勢も新たに発生した危機では有りませんので過度に警戒する必要はないと思います。引き続き銘柄重視で個別対応と言う投資スタンスならさほど神経質になる事は無いと思います。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値276円】

(JQ)NaITO(7624)  卸売業  100株
同社は切削・機械工具・産業機械の老舗卸で特約店を通じての販売が中心、岡谷鋼機傘下で自動車向けが主力。業績も好調で2018年2月期決算は増収大幅増益となり、2019年2月期見通しも増収増益が続く見通し。切削工具が自動車関連企業向けに好調持続、産業機械向けも好調が続いており、岡谷鋼機との協業で海外市場の開拓も進みそうです。同社株価も業績好調を背景に1/23には435円まで上昇、しかしその後は一旦調整局面を迎え、3/29引け後に決算が発表されると、好業績見通しも一旦材料出尽くしで株価は下落。しかし上昇中の200日移動平均線が250円台に位置しており、来期の純利益は過去最高を更新する見通し、ここからの安値に対しては押し目買い狙いで臨みたいと思います。テクニカル的には250円台が下値支持帯になりますが、多少行き過ぎる展開も有りえますので、数回に分けて安値を仕込むと言う買い方が良いと思います。同社株は100株単位で買えますので、260円台、250円台、240円台と安値が有れば順次買い下がるような買い方が良いと思います。当面は330円付近が上値目処になりますので利食い目処は330円接近時、但し220円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。昨日の習近平中国国家主席の演説でも自動車分野で一段の市場開放を進める方針が示され、同社株にも自動車関連銘柄として見直し買いの動きが強まる事も期待出来ます。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、自動車関連
【第1買いポイント】  260円台
【第2買いポイント】  250・240円台
【売り値目標】  330円接近
【損切り設定】 220円を切れば損切り

 

 

切削・機械工具、産業機器の老舗卸。特約店通じて販売。自動車業界向けが主力。岡谷鋼機傘下。19年2月期は主力の切削工具が自動車関連企業の引き合い軸に増勢維持。産業機器も伸長。育成中の計測は小粒ながらしっかり利益貢献。卸先への販価交渉徹底等の採算向上策も効く。営業益一段増。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る