出島テクニカルワールド(3月15日推奨銘柄 )

8226S

↑(週足)

 

 

 

8226H

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/15(木)日経平均株価は△26円の21803円で終了。米中貿易摩擦懸念から昨夜のNYダウが大きく下落、円高も進み、今日の日経平均も売り先行で始まり一時21555円まで下げ幅を拡大。しかし売り一巡後は急速に切り返して小幅高で終了、終って見れば5・25日移動平均線を上回って終るなど明日に期待が残る終り方。しかし東証1部の売買代金は今年の最低を更新するな商いは閑散、今日の後場の切り返しも日銀によるETF買いの影響と言う感じで、暫くは膠着感が強まりそうな感じです。しかし手詰まり感が強まれば材料株やテーマ株への物色が強まり易く、引き続き銘柄重視で個別に対応して行くと言う投資スタンスが最善と言う投資環境です。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値215円】

(東2)理 経(8226)  卸売業  100株
同社はIT機器を輸入販売する技術商社で、新技術の目利きと衛星通信技術に強みを持ちます。株式市場では5G(次世代移動通信システム)関連銘柄を物色する動きが底堅く、同社もIT機器の輸入販売を手掛けていますので株式市場での位置付けも5G関連銘柄。2018年3月期業績見通しは減益ですが、来期は増益に転じる見通しで、同社1株純資産は263円、現在の株価には割高感は有りません。テクニカル的には1月末の高値248円から株式市場の暴落もあって2/6には193円まで下落しましたが、その後は値動きも落ち着き、5日・10日・25日移動平均線を上回り、再度上値をうかがう兆しも出ています。世界的にも5G実用化を2019年に前倒しする方向に有り、日本でも東京五輪までに5G実用化を実現する方針、5G関連投資の規模は大きく、同社にとっても大きなビジネスチャンスになります。主力銘柄が手がけ難い投資環境ですのでテーマ株に物色が向かい易く、吹き上げ狙いで買いを考えたいと思います。まずは時価近辺の210円台で買いを実行、仮に安値が有れば200円前後で買い増しを実行したいと思います。当面は250円付近が上値目処になりますので利食い目処は250円接近時、但し190円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 5G関連の低位株
【第1買いポイント】  210円台
【第2買いポイント】  200円前後
【売り値目標】  250円接近
【損切り設定】 190円を切れば損切り

 

IT機器を輸入販売する技術商社。新技術の目利きと衛星通信技術に強み。大学、官庁向け強い。システムは官庁・大学向けで低粗利。ただ電子部品・機器は防衛省向けに伸長。買収したエアロパートナーズは下期寄与。営業黒字確保するが1円減配。19年3月期は防衛省向け航空部品で稼ぐ。エアロはフル寄与。営業益回復。当面は2円配。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/12
1部
9972
アルテック
3/15終値392円、本日高値406円、推奨時利食い目処とした400円に到達し利食い完了
02/16
1部
7261
マツダ
3/15終値1412円、カラ売りで推奨、推奨から1ヶ月が経過、明日は利食い実行でポジションを解消したいと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る