週トレ短期売買(3月15日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

3/15(木)日経平均株価は△26円の21803円で終了。昨夜の米国市場はハイテク株比率の高いナスダック指数は小幅安でしたが、NYダウは大きく下落、米政府が中国製品に対して高関税を課す措置を検討しているとの報道を受けて中国関連株中心に売りが強まると言う展開でした。ティラーソン国務長官が解任され、コーン国家経済会議議長も政権を去り、良識派と見られていた重要閣僚が居なくなり、今後の米外交や通商政策に対して一段と不透明感が強まっています。今年11月の米中間選挙までは、経済的には保護主義が強まり易く、外交的には強硬姿勢が強まり易い、株式市場ではその様な見方が日に日に高まっています。しかし繰り返し述べて来た事ですが、米株式市場の本質は政治よりも実体経済です、米経済の良好な状態が続く間は過度に悲観的になる事は無いと思います。本日の日本市場は、米国株安と円高進行を受けて、売り先行で始まり日経平均株価も下げ幅を拡大、しかし後場に入ると切り返して急速に下げ幅を縮め、終って見れば小幅高。予想以上の底堅さを見せましたが、今日の切り返しの原因は日銀のETF買いと言う感じです。しかしながら過度に悲観する必要は無く、日経平均の値動きに関しては、2/27戻り高値の22502円と3/5安値の20937円の間で動いている限りはざっくりと言えば安値固めの値動きです。先々この上下どちらかの価格を抜ければ新たなトレンドが生まれますが、ボックス相場的な値動きが続く限りは安値固めの動きと見ておけば良いと思います。日本市場の現状としては、先行きに対する強気派と弱気派がぶつかり、膠着していると言う状況ですので、短期的には上下どちらに振れてもおかしくは無いと思います。円相場の動向や日々出て来る材料など、手掛かり材料次第で上下どちらにも振れ易いと思いますが、それでも銘柄重視の個別対応で望むのが今の日本市場では最善の対応だと思います。

 

 

【当面の相場展望】

日米共に政治が混乱、しかし経済は良好、政治と経済どちらを重視するかで今後の相場見通しの強弱も分かれますが、不透明要因が多々有る中では全体よりも個を重視、銘柄重視で対応して行くと言うスタンスが現実的には最善の対応だと思います。

 

 

【明日の見通し】

今日は5・25日移動平均線のゴールデンクロスもだましになるかと思われましたが、終って見れば5・25日移動平均線を上回り、引き続きゴールデンクロスは継続中。しかし今は日々の値動きも日々出て来る材料次第、明日も個別物色中心の相場になりそうです。

 

 

【投資アドバイス】

今日は10時10分に21555円まで下落して、昨日達成した5・25日移動平均線のゴールデンクロスもだましになるかと思われましたが、後場にはプラス圏に浮上して終って見れば5・25日移動平均線を上回って終わり、一応ゴールデンクロスは継続中。テクニカル面から見れば一段高への希望は残るものの、米通商政策や円相場、国内政治不安などを考えると強気には成りづらい状況です。ボリンジャーバンドで日経平均を見てみると22000円~21300円のゾーンでのボックス相場が続きそうな感じで、ざっくりと言えば今後の値動きは上げ下げを繰り返す展開と言う感じです。トランプ政権から連日のように懸念材料が出て来ると言う状況が続いており、懸念材料が出て来るとどうしても円相場や株式市場も反応してしまう、今はその様に日々の値動きも不安定な状況です。国内の政治状況も森友問題で混迷しており、今のところは日米の政治を理由に大きく売り込むような動きは有りませんが、売らずとも買いを見送る要因にはなりますので、それを示しているのが日々の売買代金の減少です。昨日今年最低の売買代金を記録した東証1部市場ですが、今日は連日で今年の最低を更新、主力銘柄などの売買見送りが売買代金の減少に繋がっています。売買代金の減少は市場エネルギーの減少であり、簡潔に言えば日経平均が持続的に上昇するのは難しいと言う事になります。日々の上げ下げや短期的には続伸する事は有っても、当面は売買代金が増加するまでは一定の値幅の中で上げ下げを繰り返すボックス相場と見て対応して行く方が良いと思います。しかしそれで弱気になる事は有りません、繰り返し述べている事ですが、売買代金が減少して日経平均の値動きに膠着感が強まると、限られた資金は銘柄重視で個別物色に向かうのがいつものパターンです。保有している銘柄なども関連する好材料などが出て来ると一気に急騰するような値動きに繋がりますので引き続き保有継続で吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。関連する好材料がいつ出て来るかは神のみぞ知ると言う事になりますが、下値不安が限られるならじっくりと吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。新規の買い出動に関しては、今は急がず、じっくりと見極めながら進めて行けば良いと思います。

 

 

【保有銘柄に関するコメント】

今日は保有銘柄の9972アルテックが上げ幅を広げて一時406円まで上昇、推奨時に利食い目処とした400円に到達しましたので利食い完了と致します。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2022年11月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る