出島テクニカルワールド(3月7日推奨銘柄 )

0307s

↑(週足)

 

 

 

0307h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/7(水)日経平均株価は▼165円の21252円で終了。昨夜の米国市場引け後に国家経済会議のコーン委員長の辞任が伝わり、リスク回避の円高が進み日経平均も反落。コーン委員長は米国の保護貿易には反対の立場でしたので、同氏の辞任でトランプ政権の保護貿易主義が一段と強まるのでは無いかと言う警戒が強まっています。一難去って又一難、連日悪材料が出て来るような状況ですが、日本株も徐々に打たれ強さが出て来ていると言う感じもします。もう一段の下げは有るかもしれませんが、しかし売られ過ぎ場面が有れば少し先を見据えて安値買い狙いがやはり最善だと思います。資金的余裕を持ち、価格差を付けて買い下がる、又は中長期スタンスで安値を仕込み先々の吹き上げを待つ、その様な投資ならリスクは少ないと思います。

 

 

 
【銘柄情報】【本日終値717円】

(東1)ルネサスイーストン(9995)  卸売業  100株
2/22に買い推奨をした時には買えなかった銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。ルネサスエレクトロニクス系の半導体商社で自動車関連向けに強みを持つ同社ですが、半導体の世界需要はIoTや人工知能、自動運転や電気自動車、工場自動化などの普及に伴い今後爆発的に増えると見られています。足元業績も好調で、第3四半期決算も増収、大幅増益で着地し既に2018年3月期見通しを超過、3月期本決算発表前には上方修正濃厚と言う状況です。第3四半期決算時点で1株利益は47円ですがもう一段の拡大が期待出来、同社1株純資産は930円程度、再度下振れの動きが有れば安値買いを狙いたい銘柄となります。テクニカル的には660円台が下値支持帯になりますが、同社株は100株単位で買えますので、680円台、660円台、そして多少の行き過ぎも考えて640円台と3回に分けて安値買いを狙うと言う対応で臨みたいと思います。買えれば良し、買えなければ又次の機会を待ちたいと思います。当面は760円付近が上値目処になりますので利食い目処は760円接近時、但し600円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。好業績で割安感の有る半導体関連銘柄として安値が有れば突っ込み買いを狙いたいと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、半導体関連
【第1買いポイント】  680円台
【第2買いポイント】  660・640円台
【売り値目標】  760円接近
【損切り設定】 600円を切れば損切り

 

半導体商社。09年合併でルネサス製品の特約店に。自動車関連向け得意。海外製電子部品も拡大。車載向けは下期やや減速し通期横ばい程度。ただ産機や民生向けは中国需要復調。新規案件の半導体製造装置向けカスタムボード想定超。19年3月期も産機や民生向け中心に拡大。半導体製造装置向けも好調続く。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/01
ジャスダック
5277
スパンクリートコーポレーション
3/7終値546円、推奨時利食い目処とした520円を突破し利食い完了

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る