週トレ短期売買(2月23日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

2/23(金)日経平均株価は△156円の21892円で終了。昨夜の米国市場はNYダウは3日ぶりに反発となりましたが、ハイテク株の比率が高いナスダック指数は小幅安と高安まちまちの展開となりました。昨夜は長期金利が低下した事もあり全体的には落ち着いた値動きでした、米国市場も急落後のリバウンド局面が一巡して、次の展開を下げる局面と言う位置付けになります。当面は今月末のパウエルFRB議長の議会証言と米2月雇用統計の通過を待つ、その様な展開になります。株価がこの先上下どちらに振れるのかは、この2つの米イベントの結果次第です、無難に通過出来れば株式市場の状況も一段と改善する、しかし波乱の通過になれば再度大きな下げも有り得ます。今日は日経平均も反発となりましたが、大局的に見れば昨日の下げに対する自律反発です。新たに大きな値動きが出て来るのはパウエルFRB議長の議会証言と米2月雇用統計の結果を確認した後と言う事になりそうです。短期的には米イベントの結果次第と言う不透明感も有りますが、先を見据えれば悲観的になる事は有りません。目先の値動きに一喜一憂する事無く少し先を見据えて対応して行く事が今のような相場環境では最善です。更に加えるなら、銘柄重視の発想で好業績銘柄の安値拾いに徹すれば一時的な波乱の動きも恐れる事は有りません。来週一杯は依然不安定な相場環境が続きます、当面は買えれば儲け物的な価格で安値を待ち伏せして、安値が有れば少しずつ好業績銘柄の安値拾いを進め、先々の上昇を待つと言う投資スタンスが最善です。

 

 

【当面の相場展望】

暫くは米国株動向と円相場次第、加えて3月のメジャーSQに向けての投機的な動きに警戒も必要。当面の上値抵抗帯は22000円~22400円、下値支持帯は21300円~21000円、現時点では大きな流れは依然下向き、日々出て来る材料によって強弱感が対立し易い局面に変りは有りません。

 

 

【週明けの見通し】

週明けの月曜日も米国株動向と円相場を睨みながらの展開で日経平均も上下に振れる展開。米株式市場の不透明感が晴れない限りは上値重く、下振れしやすい相場状況が続きます。

 

 

【投資アドバイス】

昨夜の米国市場で、長期金利が低下して恐怖指数と言われているVIX指数も低下した事から投資家心理が改善してNYダウが上昇。本日の日本市場も米国市場の落ち着きを好感して日経平均は反発、しかし昨日大きく下げていますので今日の日経平均の上昇も自律反発。大局的に見れば急落後のリバウンド一巡場面で、次の展開を探る中での強弱感が対立する局面と言う状況です。簡潔に言えば今後の展開も米国市場と円相場の動向次第、そしてこの両方に影響を与える要因が28日のパウエルFRB議長の議会証言と来週末に発表される米2月の雇用統計です。米国の2つのイベントの結果を確認するまでは株式市場も上下に方向感は出難く、日々出て来る材料によって上下に振れると言う展開が続きそうです。少し前の急落していた状況と比べれば株式市場の状況もかなり落ち着いて来たと見えるかもしれませんが、それはあくまでも表面的にそう見えるだけです。まだ本質的には、安定した状況には程遠く、今後の米国次第で再度大きな下げになると言う可能性は残ります。

テクニカル的に見ても日経平均の現状は下げ過ぎた後の戻りが一巡した状況で流れとしては依然下向きの流れの中になります。大きな流れが下向きと言う事は、一時的に上昇をしても再度下げて来ると言う事です。現時点では25日移動平均線は22500円台にありますのでもう少し上値余地は有りますが、極端に言えば日経平均があと700円程度上昇してもそれでも下向きの流れは変わりません。短期的には下降トレンドが継続中ですので、先々25日移動平均線を超えて来るまでは戻り売りが優勢の相場環境になります。しかしながらその様な大きな流れも日経平均とそれを構成している主力銘柄に当てはまる事で、中小型の好業績銘柄や材料株、テーマ株に関しては又別物です。ざっくりと言えば、日経平均や円相場の動向と個々の銘柄の値動きは全てが連動する訳では有りません。来週も日々上げ下げを繰り返すような展開が想定されますが、銘柄重視で個別に対応して行く限り、弱気になる必要は無いと思います。来週も基本スタンスとしては好業績銘柄の安値買いを狙う方針に変わりは有りません。ただ依然相場状況は不安定です、買いを急がず、慎重に安値買いを狙って行くと言う対応がもう暫くは安全です。

 

 

【直近買い推奨した銘柄に関して】

2/21に安値待ち伏せで買い推奨をしたKIMOTOは安値無く買えずに本日利食い目処まで上昇しました。買い推奨は一旦取り消して先々再度安値買いのチャンスが有れば買いを考えたいと思います。仮に推奨後に買っている方が居れば週明けは利食い実行で良いと思います。

 

2/15に安値買い下がりで買い推奨をした新日本理化も、安値無く買えずに本日275円まで上昇して推奨時利食い目処とした280円に接近。買い推奨は一旦取り消して先々再度安値買いのチャンスが有れば買いを考えたいと思います。仮に推奨後に買っている方が居れば週明けは利食い実行で良いと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る