出島テクニカルワールド(2月20日推奨銘柄 )

0220s

↑(週足)

 

 

 

0220h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/20(火)日経平均株価は▼224円の21925円で終了。昨夜の米国市場は祝日で休場、欧州市場は総じて軟調な展開でアジア市場は春節休暇で休場。手掛かり材料不足の中で昨日大きく上昇していますので今日は目先の利食いが先行する展開で日経平均も反落。ざっくりと見ればリバウンド局面も一旦終わりが近いと言う感じ、しかしこの先上下どちらに振れるかは今後の米国株動向と円相場次第、そう言う意味では依然不透明感が残る相場環境。しかしながら好業績割安株を中心に安値買いを狙って行くような投資なら弱気になる事は無いと思います。多少の乱高下は有るかもしれませんが、銘柄重視で対応すれば特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値635円】

(東1)日東精工(5957)  金属製品  100株
同社は工業用ネジの大手で、ネジ締め機などの産業機器、計測制御機器なども手掛けています。主な取引先は自動車・電機・電子部品メーカーで、足元の業績も好調。2/14に発表された2017年12月期決算も増収増益で着地、2018年12月期見通しも二桁の増収増益となり1株利益見通しは51円。2円増配で11円配当、同社1株純資産は630円、今は一旦リバウンドの動きとなっていますが、再度下振れの動きが有れば買いを狙いたい銘柄です。急落後のリバウンド局面もぼちぼち終盤、戻りが一巡すれば再度大きく下振れする可能性も有ります、投資スタンスとしては当面は安値待ちで買いを狙うと言う対応が最善、買えれば儲け物、買えなくても良し、まだその様なスタンスがリスクの少ない投資になります。当面の下値目処としては600円~550円のゾーンになりますので、590円台、570円台、550円台と安値が有れば順次買い下がりたいと思います。同社株は100株単位で買えますので分散して買い易い銘柄です。当面は680円付近が上値目処になりますので利食い目処は680円接近時、但し500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。上昇トレンド継続中の好業績割安銘柄として再度安値が有れば買いを狙いたい銘柄となります。安全重視の方はもう暫く売買は休む方が良いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 好業績、割安銘柄
【第1買いポイント】  590円台
【第2買いポイント】  570・550円台
【売り値目標】  680円接近
【損切り設定】 500円を切れば損切り

 

工業用ネジの大手。ネジ締め機などの産機、計測制御機器にも展開。自動車向けで海外強化。前期買収子会社が通期寄与し売上24億円上乗せ。好採算の精密ネジ好伸し営業増益。18年12月期も電機・電子部品向けに精密ネジが海外好伸。自動車向けもインドネシアが牽引。地盤探査機も底打ち、営業増益続く。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/29
2部
5289
ゼニス羽田HD
2/20終値449円、買いコスト420円台、推奨時利食い目処には届きませんが、全体的なリバウンド局面も終盤、明日は手堅く利益を確定したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る