出島テクニカルワールド(2月2日推奨銘柄 )

0202s

↑(週足)

 

 

 

0202h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/2(金)日経平均株価は▼211円の23274円で終了。昨夜の米国市場はNYダウは小幅高、ナスダック指数は小幅安と高安まちまちの展開、円相場も109円台半ばでやや円安気味、外部環境がさほど悪くは有りませんでしたが、昨日大きく上昇している事や今日が週末で今夜米国では雇用統計の発表が有ると言う事も有って今日は手仕舞い売り優勢の展開で日経平均も反落。テクニカル的には25日移動平均線が23540円付近に位置していますので、これを超えるまでは戻れば売られ易い状況、しかし銘柄重視のスタンスなら日経平均の値動きもさほど気にする必要は有りません。好業績内需系の中小型材料株・テーマ株を中心に押し目買い狙いと言うスタンスなら特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値348円】

(東2)セントラル総合開発(3238)  不動産  100株
同社はファミリー向けの分譲マンション「クレア」シリーズを展開し、全国的に拠点展開をして地方に強みを持ちます。今期は竣工が下期に集中しており、収益も下期に偏る傾向が有ります。中間決算時点での業績は赤字でも、通期見通しは増収増益、1株利益は52円、加えて同社1株純資産431円を考えれば株価は依然割安な水準に有ります。1月以降株価は上昇基調に転じ、1/25には422円まで上昇、その後一旦調整安局面を迎えましたが、25日移動平均線付近まで調整が進んだ事から再度上昇に転じる動きを見せています。円高進行や米国株の調整など、海外情勢に不透明感が強まっている事から不動産関連銘柄を物色する動きが強まっています。テクニカル的にも上昇トレンドは継続中、低PER・PBR銘柄で割安感も有る銘柄ですので、買いで臨みたいと思います。テクニカル的に見れば320円台が目先の下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば340円台で1回目の買いを実行して、仮に320円台が有れば買い増し実行が良いと思います。当面は400円付近が上値目処になりますので利食い目処は400円接近時、但し300円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。上昇トレンド継続中の割安内需株として買いで臨みたい銘柄です。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 割安、内需銘柄
【第1買いポイント】  340円台
【第2買いポイント】  320円台
【売り値目標】  400円接近
【損切り設定】 300円を切れば損切り

 

ファミリー向けの分譲マンション『クレア』シリーズ展開。全国的に拠点展開し地方に強み持つ。新築マンション竣工が上期は札幌1棟のみ。下期12棟(首都圏3、地方9)が集中、引き渡しは16%増の650戸想定。契約進捗率は10月末75%確保。数量増で増益。19年3月期は引き渡し戸数横ばいでも首都圏物件が増加。連続増配か。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る