出島テクニカルワールド(1月25日推奨銘柄 )

0125s

↑(週足)

 

 

 

 

0125h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
1/25(木)日経平均株価は▼271円の23669円で終了。昨夜米国でムニューシン財務長官がドル安を歓迎する発言をした事で今日は円高が進み108円台に突入。想定外の発言による円高進行が嫌気されて日経平均も下げ幅を拡大。しかしテクニカル的には依然上昇トレンドは継続中で、25日移動平均線は23400円台に位置しており、テクニカル面から見れば過熱感払拭にはほど良い調整安。主力銘柄の決算発表を控え、もう少し円高が進みそうな状況ですので、日経平均は25日移動平均線付近までは下げそうな感じ、しかし好業績銘柄に関しては絶好の押し目買いのチャンスだと思います。多少の下げ過ぎも考えた上で突っ込み買いを狙うと言う対応が良いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値570円】

(東1)NTN(6472)  機械  100株
同社はベアリング大手3社の一角で、等速ジョイントは世界シェア2位、ハブベアリングでは世界トップシェア。建設機械や産業機械向けが想定を超える好調、自動車向け等速ジョイントも堅調、10/31には2018年3月期業績の上方修正も発表しています。阪大と協働研究所を設立し、同社技術を使い、創薬や人口細胞研究を支援、モーターなど電気自動車向け部品の開発を手掛けるなど株式市場の人気テーマに関連する材料性も有ります。建機や産業機械の受注拡大基調が続いており、同社を取り巻く事業環境は良好、もう一段の安値が有れば押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には550円前後が下値支持帯になりますが、同社株は100株単位で買えますので、多少の行き過ぎも考慮して、550円台、540円台、530円台と、安値が有れば分散して買い下がり対応で臨みたいと思います。もう一段円高が進みそうな環境ですので同社株も一時的な下振れの可能性は有ると思います。当面は590円台が上値目処になりますので利食い目処は590円接近時、但し510円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。建設機械や産業機械は好調な世界経済を背景に受注が良好、同社業績にも恩恵が期待出来る状況です、更に創薬や電気自動車関連の材料性もキッカケ一つで注目が高まりやすい材料、好業績で割安感のあるテーマ株として安値が有れば買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 好業績、産業機械関連
【第1買いポイント】  550円台
【第2買いポイント】  540・530円台
【売り値目標】  590円接近
【損切り設定】 510円を切れば損切り

 

ベアリング大手3社の一角。等速ジョイントは世界シェア2位、ハブベアリングは世界トップ。建機など産機用ベアリングが想定超。自動車向け等速ジョイントも堅調増。創業100周年配。19年3月期は補修市場向けが牽引。阪大と協働研究所を設立、当社技術使い創薬や人工細胞研究支援。モーターなどEV向け部品の開発に注力。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/15
1部
6507
シンフォニアテクノロジー
1/25終値492円、本日高値506円、推奨時利食い目処とした510円接近を達成して利食い完了

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

過去レポート

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る