出島テクニカルワールド(1月23日推奨銘柄 )

5609S0123

↑(週足)

 

 

 

5609H0123

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
1/23(火)日経平均株価は△307円の24124円で終了。米上院で審議が難航していたつなぎ予算案が成立、日本市場も好感ムードが強まり日経平均は24100円台まで上昇。今後本格化する国内主要企業の決算発表を待たずに見切り発車で上値チャレンジの展開になりつつあります。中期的に見れば日経平均の24000円も1つの通過点です、又この先決算発表が本格化していく中で一時的には24000円を下回る場面も有ると思いますが、多少上下に振れる場面は有っても、大局上昇トレンドの展開は変らないと思います、引き続き銘柄重視の個別対応と言う投資スタンスで対応する限り特に問題は無い投資環境です。

 

 
【銘柄情報】【本日終値1767円】

(東2)日本鋳造(5609)  鉄鋼  100株
1/4に買い推奨をして昨日利食い完了となった同社株ですが再度押し目買いを狙いたい状況です。1/19に第3四半期決算と2018年3月期決算見通しを発表、共に大幅増収増益となり業績を上方修正、1/22には1980円まで上昇して一旦材料出尽くしと言う展開になっています。橋梁備品や柱脚、半導体製造装置・大型鉱山機械向け鋳鋼品の出荷拡大で足元業績は好調、東京五輪向けの首都圏再開発需要や半導体需要の拡大、資源価格の上昇など、当面は同社事業に追い風が吹く環境が続きますので、引き続き業績好調が見込まれ、株価も目先の利食いが一巡すれば再度上昇に転じると思います。もう一段の安値に対しては押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には1700円付近が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば多少の下振れは許容範囲と考えて1750円~1700円のゾーンのどこかで買いを実行すると言う対応で良いと思います。買えれば儲け物的待ち伏せなら1700円接近が有れば買いとなります。当面は2000円付近が上値目処になりますので利食い目処は2000円接近時、但し1500円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。テクニカル的にも上昇トレンドは継続中、1株利益122円で本日終値はPER14倍程度と割安感も有ります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、割安銘柄
【第1買いポイント】  1750円前後
【第2買いポイント】  1700円前後
【売り値目標】  2000円接近
【損切り設定】 1500円を切れば損切り

 

JFE系列の鋳鋼品・鋳鉄品メーカー。建機向けが主力に。公共事業関連のエンジニアリングも。素形材が鉄鉱石再騰受け鉱山建機部品復調。半導体装置向けも伸び、部門年商70億円超と黒字化。橋梁部品は高速道、柱脚もホテルなど想定超の受注続く。19年3月期も橋梁部品・柱脚に東京五輪特需。熱膨張ゼロの自社合金を粉末にし、3Dプリンタによる積層造形を実現。半導体や液晶など超精密分野の用途開拓。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る