週トレ短期売買(1月15日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

1/15(月)日経平均株価は△61円の23714円で終了。先週末の米国市場は大きく上昇してNYダウ、ナスダック指数、S&P500の主要3指数は揃って過去最高値を更新。米国市場では主要企業の決算発表が本格化していますが、先週末は米銀大手のJPモルガン・チェース、資産運用大手のブラック・ロックが決算を発表しましたがどちらも市場予想を上回る決算になり、決算発表への期待が高まり株式市場も大きく上昇。又発表された経済指標が良かった事も株式市場には追い風に、昨年末に税制改革が成立した事から、企業業績、米個人消費に対する強気の見方が日に日に強まっている米国市場です。米株式市場の大幅高を受けて本日の日本市場も買い先行で始まり寄り付き直後には日経平均も23833円まで上げ幅を拡大。しかし今日も円高の流れが続き円相場は110円台の半ばまで円高が進行、買い先行で始まった日経平均も買い一巡後は徐々に上げ幅を縮めて円高進行が嫌気される展開です。しかしながら今日も日経平均との連動性が無い銘柄に関しては、個別物色の動きは旺盛。新興市場銘柄や中小型材料株、テーマ株などは買われる銘柄が多く、相場の中身を見る限り円高の悪影響も主力大型株のみに限られています。又、円高を嫌気して日経平均は上げ幅を縮める展開では有りますが、それでも小幅高を維持している現状は底堅い展開です。円高が進んでマイナスに大きく売られるような展開では有りませんのでさほど気にする事は有りません。現在保有している銘柄もそのまま保有継続で吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。円高が進む中で日経平均もやや上値の重い展開になっていますが、海外投資家が重視しているドル建てベースで見た場合の日経平均は上昇基調を維持しており、今日の株価水準は1990年7月以来、約27年ぶりの高値水準です。加えて個別物色意欲も引き続き旺盛な日本市場です、相場の地合いは強含みに変化は無く、引き続き銘柄重視の個別対応と言う投資スタンスで対応する限り特に問題は有りません。

 

 

【当面の相場展望】

今週も日経平均は24000円~23500円のゾーンでの値固めを進めると言う展開が想定されます。一方物色の中心は個別物色、新興市場銘柄など中小型のテーマ株や材料株は引き続き強含みの展開が期待出来ます。

 

 

【明日の見通し】

今夜の米国市場は祝日で休場になりますので明日も手掛かり材料は円相場だけと言う状況。明日の日経平均も円相場次第、しかし個別物色旺盛な状況は変わらず、新興市場銘柄や中小型材料株、テーマ株などは引き続き強含みの展開が期待出来ると思います。

 

 

【投資アドバイス】

先週末の米国株高を受けて買い先行で始まり寄り付き直後には23833円まで上昇した日経平均でしたが、今日は円高に上値を押さえられると言う展開になりました。しかし円高進行にもかかわらず小幅高で終わり4日ぶりの反発になった事は相場の地合いの強さの裏返しです。多少の円高も上値を押さえる要因にはなっても下値を売り込むような売り材料にはならない。更に言えば、内需系の銘柄や新興市場銘柄、中小型材料株やテーマ株は買われていますので、円高で悪影響の無い銘柄には買いが向かうと言う感じです。ざっくりと言えば、日経平均は調整継続、物色の中心は円高で悪影響の無い銘柄の個別物色、現在保有している銘柄には悪影響は有りませんので多少の円高も特に気にする必要は無いと思います。日経平均に関してはもう暫くは日柄調整、値固めの展開が続くと思います、ざっくりと言えば日経平均24000円~23500円のゾーンでの値動きと言う感じになると思います。しかしその間は個別物色が続きますので日経平均は軟調でも相場の中身は個別物色旺盛と言う展開になると思います。現在保有している銘柄にはほど良い相場環境になりますので、吹き上げの動きが出易い相場環境でも有ります。明日以降も銘柄重視で個別対応、全体動向よりも銘柄重視と言うスタンスで、チャンスが有れば順次買い出動を進めて行きたいと思います。但し買いは急がず、個々の銘柄の値動きをじっくりと見極めながら対応して行けば良いと思います。

 

 

【保有銘柄に関するコメント】

1/10に買い推奨をした4960ケミプロ化成(本日終値393円)が本日439円まで上昇して推奨時利食い目処とした440円接近を達成、利食い完了と致します。そして明日再度買い出動をしたいと思います。今日は上げ幅を拡大した後急速に上げ幅を縮めました、利食い済みの方は明日以降再度買いを実行したいと思います。時価近辺の390円台でまずは1回目の買い出動、380円前後が有れば買い増し実行、安値を再度仕込み、再度吹き上げを待ちたいと思います。利食い目処は前回と同じ440円接近時、但し340円を切ればリスク管理上損切りとなります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る